投稿者 kashiyuko | 2013年6月11日

MARUSHIN – U.S.M1 Carbine 6mm GAS Blowback をちょっと・・・

IMG_1087

こんばんは、今日は機嫌が極上なkashiyukoです。
なぜならストレスを持ち帰っていないからヾ(*´∀`*)ノ゙
この数週間、ずっとストレスをもれなくお持ち帰りしていたので、なんとなくおうちに着いてもどんより気分。゚(´っωc`)゚。
今日だけかもしれませんが、仕事のことを気にしなくていいアフターファイブは気持ちがいいのです(っ´ω`c)♪

IMG_1076

というわけで、今日はルンルン気分だったこともあり、ここ連日のSR-47の怠惰なエントリーはやめてマルシンさんのM1カービンGBB(非CDX)をネタにしようと思っていたのです。

IMG_1078

昔々、マルシンのカート式エアコキM1カービンが全盛だったころ、マルシンのM1カービンを買ったら”その日のうちにコレをやれ”という伝説のリアル化加工がフロントバンドのネジヘッド削りでした。
(っ´ω`c).。oO(この号を読んでいたのはまだ○んこに毛がはえる前の子供のころでしたけど♪

今日はコレやるー⊂(^ω^ )⊃

IMG_1083

で、M1カービン出してみたらちゃんとした形になってたよ(´・ω・`)

ネタが潰れた、、、
ネタがとんだことを喜んでいいのか嘆いていいのかわかりませんが、マルシンさんは小さなところの大きな改良をせっせとやっていることだけ確認できたので、すべて良しなのです(っ´ω`c)♪
(っ´ω`c).。oO(エアコキから四半世紀もたってりゃネジの造形くらい変えてくるよね。

IMG_1085

だが、うちのM1カービンはかなりショボイ子なんです。
バーストになったり、バルブノッカーを押し下げるほどまでボルトが後退せず、ガスをビュボボボボーーッって噴霧したり。゚(´つω・`。)゚。
買ったのが冬場だったので、夏を迎えればこんな症状は治ると信じていたのですが、どうもダメ(´・ω・`)
ダメダメちーんヾ(*´∀`*)ノ゙
ハンマーがシアにかかるタイミングが遅いのか、リコイルスプリングが強すぎるのか、はたまたマルシンヌクモリティなのか、、、ちょっと中を覗き込まないといけないようです。

今日から、”死闘! kashiyuko vs Marushin M1 Carbine ~ 分解の果てに見るものは・・・”編が始まります、たぶん。
もし明日、何の関係もないことを書いていたら、いつものkashiyukoの刹那的に衝動的に思いついただけだったのだと、ご理解いただき暖かい目線で見守って頂けたらなと思う次第です(^ω^ )

「目標高く!現実低く!」・・・kashiyukoが大好きな言葉です。

|Д´)ノ ジャ、マタ


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。