投稿者 kashiyuko | 2013年8月16日

タナカ 三八式騎銃 気の趣くままに遊べるようにしてみた。(長くてすいません)

IMG_2722

お盆休み2日目(っ´ω`c)♪

IMG_2613

昨日ようやく箱から出してあげた三八式騎銃ですが、まだまだ遊べるモデルガンには程遠いのが実情。
今日は三八式騎銃さんをそれなりに遊べるようにしたいと思います。

IMG_2618

遊底覆はつけておきたいのがkashiyukoの趣味、ゆえに遊底覆いを準備してから三八式騎銃を開梱したわけです。
が、昨日書いたとおり結構キツキツでボルトアクションの操作ができないから遊べない(´・ω・`)

IMG_2623

遊底覆自体を動かしてあげなきゃいけないほどキツキツなんです。

IMG_2626

ボルトを外してみました。

IMG_2628

遊底覆だけを取り付けて動き具合を調整してみます。

IMG_2630

この三八式騎銃と遊底覆のマッチングだと最後の1cmぐらいが物凄くきついんです。

IMG_2634

きついときはラジオペンチとかでちょっと拡げてあげればいいんですけど、、

IMG_2631

よーく観察すると、今回は銃床に当たってしまっているようでした。
ならば遊底覆をいじくるより対処は簡単そうです(っ´ω`c)♪

IMG_2635

三八式騎銃さんを解体しました。

IMG_2638

ここのところが遊底覆装着状態でボルトを閉鎖するときに当たってしまっているようです。

IMG_2640

削ったったヾ(*´∀`*)ノ゙

IMG_2642

仮組みして遊底覆を取り付け、前後動作させてみましたところギュウギュウなきつさがなくなりました。
(・∀・)ヨイ!!

IMG_2648

で、分解と仮組みついでにやってしまいたいことがありました。

IMG_2649

タナカの三八式騎銃においては銃身が長すぎて銃剣が取り付けられないっていうのは、コレ系の同好の志の皆様の間では常識的なポイントであると思います。

IMG_2654

銃剣止が入りきらないのでございます。
他のタナカの旧軍銃はことごとくWINDLASSの三十年式銃剣が取り付けできるのに、こと三八式騎銃”だけ”おかしなことになっています。

IMG_2656

上帯より前(上)が同じ構成の九九式短小銃と比べてみます。
(上:三八式騎銃、下:九九式短小銃)

IMG_2657

上帯の位置を基準にして長さ比べをするとこんな感じになっています。
(上:三八式騎銃、下:九九式短小銃)

IMG_2661

上帯から照星坐までの長さは三八式騎銃では約77ミリ。

IMG_2666

対して九九式短小銃は約60ミリといったところです。

IMG_2669

ということで、上帯から60ミリのところにマジックで印をつけておきます。

IMG_2672

なお、四四式騎銃と並べてもやっぱり銃身が15ミリくらい長いので、三八式騎銃の銃身長がおかしいのは確かなようです。

IMG_2673

また分解しようとしたのですが、この三八式騎銃の銃身は割りピン止めになっていました。
20世紀中のロットではヘキサのネジ止めだったので銃身の取り外しは容易でしたが、これはkashiyuko技術部には外せません。゚(´つω・`。)゚。

IMG_2677

尾筒に銃身ついたままでも問題ないので、そのまま作業。
照星坐が硬く取り付いていたので難儀しました。
なんだか大変なことになってるように見えますね。゚(´つω・`。)゚。

IMG_2680

パイプカッターヾ(*´∀`*)ノ゙

IMG_2682

パイプカッターってすげえ便利ですよね(っ´ω`c)♪
使うたびにそう思います。

IMG_2683

相手は亜鉛合金、、、カッターを10回転もしないうちに切れた⊂(^ω^ )⊃

IMG_2691

分解するときに銃身の先っちょ部品がキツキツだったので、銃身内と銃身先っちょ部品を多少ヤスリがけ。

IMG_2692

ユルユルに銃身先っちょ部品が取り付けられました。
ユルユル気味にするのはkashiyukoには意味がありますからギチギチじゃなくていいのです。

IMG_2695

パイプカッターでカットした断面はどうしても傾斜がついたりしてしまいます。
このカット面を多少は調整したいっていうのが人情だと思いますの(っ´ω`c)♪

IMG_2697

このカット面の面取りをするのに銃身の先っちょ部品を着けたり外したりする必要があります、少なくともkashiyuko作業班の中では。
さっき銃身の先っちょ部品をユルユルに取り外しできるクリアランスが超大事(`д´。)!!って書きましたが、この作業のために必要だったんですの(っ´ω`c)♪

まあまあになったかな?( ̄∀ ̄)??

IMG_2700

削れたところが銀ピカ亜鉛合金色っていうのも、、、

IMG_2701

マジックで黒く塗っておきました。
この10年ぐらいに再販されたロットのタナカ旧軍銃は銃身が黒塗装なので、ま、その程度に手入れすればいいかと_ノ乙(、ン、)_

IMG_2703

三八式騎銃組み立ててみたヾ(*´∀`*)ノ゙

IMG_2705

銃身の先っちょ部品をつけないとM1903の狙撃銃モデルみたいでちょっとかっこいいですね(っ´ω`c)♪

IMG_2708

ユルユルにしちゃった銃身先っちょ部品はアロンアルファで固着します。
面付けではなく点付けにしておけば、また分解したいときにもなんとかなるという期待を持って⊂(^ω^ )⊃

IMG_2710

三八式騎銃が元の姿に(´Д`*)’`ァ’`ァ

IMG_2712

九九式短小銃と並べてみました。
あと2ミリくらい切ってもよかったのかな?( ̄∀ ̄)??
パイプカッターで2ミリ切るのは難しいので、気が向いたときにヤスリで削ろうかと思いますが、今日はコレで十分です。

IMG_2715

WINDLASSの三十年式銃剣レプリカがしっかりと取り付けできるようになりましたヾ(´д`)ノ゜ヤッター

IMG_2720

細身だから長そうに見える三八式騎銃ですが、16インチのSR-16E3よりちょっと長いくらいです。

IMG_2609

どちらかというと長い小銃大好きっ子なkashiyukoですが、これはこれでいいものですヾ(*´∀`*)ノ゙キャッキャッ
機会があったらお手にしてみてくださいですの(っ´ω`c)♪

|Д´)ノ ジャ、マタ

広告

Responses

  1. か、かっこいい(ρ゚∩゚)💕💕

    • たなさんこんばんはヽ(´∀`)ノ

      こういうのがお好みなんですね( ‘ω’)!?


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。