投稿者 kashiyuko | 2014年1月4日

GHK Avtomat Kalashnikova 105 (AK-105) サラッとご紹介といろいろな想い(*´ω`*)

IMG_6874

こんにちは、長いと思っていた冬休みも残り1.5日、、、だんだん凹んできそうな1月4日(土)、いかがおすごしでしょうか。
仮に月曜日から会社が始まっても、また来週の週末は三連休であることを心の糧に・・・。゚(´つω・`。)゚。

何回かチラチラッと映っていたことがありますが、今回は昨年12月に”ようやく”入手したGHK AK-105 GBBをご紹介しておきたいと思います。

IMG_6873

GHK/LCTのAK-105です。

いつの頃だったでしょうか、kashiyukoはG&GのAK-103とかAK-104を持っていました。
当時はGuarderだったかの2桁万円近いかそれ以上のメタルコンバージョンキットがブルジョワ階級の皆様用にリリースされていました。
ふやけるほど指をしゃぶってヽ(`Д´ )ノいいなー!!!ってインターネッツを数年眺めていたらおよそ半額くらいのG&G AK-10xシリーズがリリースされました。
まずは基本型だろうとAK-103を入手してマガジンを5.45mmのもの挿して満足しておりました。
そしてよくわからないAK-104も入手してみると・・・このサイズ感(・∀・)イイ!

AK-47/AK-74系にはなかったカービンモデルのAK-104はkashiyukoのフェイバリッツになりました。

IMG_6898

ようやく基本型とカービンが揃いましたヾ(*´∀`*)ノ゙

昨年ようやっとGHKさんからAK-74 GBBがリリースされたのは同好の士の皆様でしたら、よーくご存知かと思います。
ついでにAK-74 GBBが出る以前からAK-105がリリースされていたこともご存知かと思います。

AK-105を買いそうになったことは何度もあったのですが、kashiyukoはバリエーションモデルよりもベーシックモデルが欲しい子なのです。
過去の経験からいっても、バリエーションモデルを先に買った場合もいずれは基本型を入手しています。
それにも増して基本型とバリエーションモデルが揃うと、ほとんどの場合において基本型は愛されるけどバリエーションのほうはぞんざいに扱われがちです。
(っ´ω`c).。oO(kashiyukoブログでM16はちょくちょく登場してもM4はほとんど登場しないのはそういうことなのです♪

なので、AK-74が入手できたらAK-105も!とは考えていたのですが、AK-74を買って、次のオモチャを買える資金が貯まる頃にはAK-105が市場から消えとった(´;ω;`)ブワッ

この半年、kashiyuko AK-105捜索部隊がショップ・中古ショップ・ヤフオク監視を怠らなかった結果としてAK-105がようやく入手できました。

IMG_6876

自動小銃の駆動動力源は反動とか燃焼ガスです。
電池とモーターなんて・・・

Image1401041

いいBB弾発射機だ

Image1401042

電池で動くのか?

電動を見たり触るといつもこのシーンを思い出してしまいます。
※このシーンが気になった方はポリアカ3をポチってくださいませ。

昨年、BB弾を一発も撃ったことがないkashiyukoにとってウィィィンってなる磁石とコイルの集合体を入れるために太くなるグリップは不要でございます。

IMG_6878

シリンダーとフロントサイトが融合した脈々と続く東側銃らしからぬスパルタンなイメージ。
ここがツボ(っ´ω`c)♪

IMG_6880

ストックのヒンジもしっかりしています。

IMG_6883

ヒンジはゆるすぎない程度に締まっていますので、こんな中途半端なポジションにしてもだいじょう(*´ω`*)vブイッ

IMG_6884

スリングスイベルの固定パーツもKSCではダイキャストでしたがこちらはプレス。
満足度は否が応でも盛り上がること間違いナッシング(´Д`*)’`ァ’`ァ

IMG_6887

今回中古ゆえに縦スジはくっきりと、、、だがそれがいい( `Д´)!

IMG_6888

LCTさん、妥協なしヽ( `・ω・)ノ
kashiyukoは刻印のマークとかでどこ製とか知りませんが、AK-74とAK-105ではしっかりと刻印を変えていらっしゃいます。

IMG_6891

中身は一緒です。

IMG_6892

AK-74系からリブつきのデッキカバーになったと記憶しておりますがAK-10x系はリブがないですね。。。

IMG_6895

リブ付のがカッコイイと思うんですけど(´・_・`)
G&GのAK-10xのときは市販のリブ付きカバーに変えていましたが、GHK AK-105はどうしようか少々迷っています。

IMG_6896

リアサイト。
AK-105は800mサイト、AK-74は1000mサイトが着いております。

IMG_6901

前。

IMG_6902

真ん中。

IMG_6905

うしろ。

IMG_6907

折り畳めば相当コンパクトになります。
kashiyukoさんはAK系のスケルトンストックがあんまり好みじゃないので折り畳みのプラストックの板感が大好きです。

IMG_6908

標準型は折り畳んでも嵩張りますが、カービンサイズ以下になると小ぢんまり感がなんともいえないくらい可愛く思えるようになります。
このあたりはG36K/Cにも言えることですね(っ´ω`c)♪

IMG_6911

買えるときに買っておくが鉄則ですが、それは順番があってのこと。
ガスブロAK系についてはWE AKS-74UN->KSC AK-74M->GHK AK-74->GHK AK-105と来ていますが、前記もとおり標準型大好きっ子のkashiyukoはKSC AK-74Mが手に入るまではWE AK-74UNはそれほど触った思い出がありません。
ところが昨年AK-74を入手してからはたまにAKシリーズGBBを触るようになりましたし、GHK AK-74自体はお座敷銃の確固たるポジションを獲得してガンロッカー(という名の押入れ)に入れたこともありません。

IMG_6914

いいですね( `Д´)!

IMG_6917

いいですね( `Д´)!

IMG_6925

今、kashiyuko宅のお座敷にある東側銃さま共。
リアル厨房の頃はまだまだペレストロイカのぺの字もない頃でしたから、東側というだけで敵の銃=AK好きはアカとかいうまことに了見の狭かった頃がありましたが、オッサンになるとカッコよければなんでも良し!政治体制とカッコよさはあんまり関係ないですから(`Д´≡`Д´)

お座敷に出してある銃も、今々は東側銃のが多いです。

IMG_6919

でも、kashiyukoがいちばん好きなのはM16なんですけどね(っ´ω`c)♪

IMG_6920

M16とAK、どっちか一つといわれたら迷いなくM16をチョイスですが、いくらでもであれば両方です。
メカニズムの違い、前世代銃からの流れ、、、そういった設計思想の違いが形に表れていて、殊にこの二種は面白し⊂(^ω^ )⊃

IMG_6932

ということで、M16のカッコよさを再確認したkashiyukoでございました(っ´ω`c)♪

|Д´)ノ ジャ、マt
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 

 
おい!`Д´⊂)彡☆))Д´) パーン

IMG_6928

改めまして、、、

GHKのAKはいいですね(っ´ω`c)♪
74系が揃ったので、今年こそはGHK AKMを・・・と画策しております。

|Д´)ノ ジャ、マタ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。