投稿者 kashiyuko | 2016年9月17日

VFC / Knight’s Armament Company SR-25 (Mk11 Mod.0) – 本体の袋出しと添付品とか、ひっそりレポート。(盛り上がらない回)

img_0002

さてさて、朝一でVFC SR-25を箱から出してみようとして、ハードケースをダンボールから出すだけでブログネタ一回分ぐらいの様々な想いがkashiyukoのなかでめまぐるしく交錯してしまったので、一旦ここで区切ろうと本体をアンボックスするだけで2回に分かれてしまいました。
今回はSR-25のアンビニール袋がてらVFC SR-25 DX JP versionの付属品でも眺めていきます。
(付属品のご紹介がメインなので盛り上がりに欠けるかもしれません、すいません。)

img_9961

VFC SR-25 GBBRの箱(ハードケース)に入っていた中身を探してみました。
今朝箱を開けたときには気にしていなかったんですが、その後ブログを書いた後に”(´-`).。oO(これってマニュアルも付属しない漢(ハードコアユーザー)仕様なの?”って気になって探してみました。
本体とは別のところ(他のスポンジの隙間)に入っていたので、サクッとケースを開けただけでは見当たらなかったのですけど、ちゃんといろいろ付属していました。

img_9965

いろいろ付属している者達です。

img_9967

マガズィン()。
あんまり重くない印象です。

詳細はべつに機会に。。

img_9969

かなり熱意が感じられるマニュアルとか。

img_9971

熱パウチで封入されているので開けるのがもったいないくらいです。

img_9973

出してみました。
午前中のエントリーに添付した実SR-25画像にマニュアルがうっすら映っていましたけど、あれにそっくりな感じですね、VFCさんのSR-25にかける熱意がひしひしと伝わってきます。

img_9974

中身はコミカルな感じでまあまあいいんじゃないかと思いますよ。

img_9977

トラブルクリニックのページなんか、むしろGBBトイガンの運用におけるイロハみたいなことが書いてあって、こういうのはVFCの仕事じゃなくてウィキペディア職人が書くべきものなんじゃないかってくらい充実、これはいいマニュアルです(っ´ω`c)♪

img_9979

kashiyukoは使わないBBローダー。
ローダーノズルは垂直入れと斜め入れの二種類がもれなくついてきました。
※kashiyukoはBB弾撃つ気がない人なのでBBローダーの使用感とかはご自分で試すか他所のインプレでご確認ください、どうぞよろしくです。

img_9981

あと、小物達。

img_9983

マガジンのガス注入バルブの日本仕様っていうかガスの入り方が分かりやすい仕様(?)のバルブが付属していました。
JP versionだけにもれなくついてくるみたいです。(そう日本語で書いてあります。)

確かに洋物GBBのガス注入ノズルって日本国内メーカーのものとは違っていますが、kashiyukoの印象としてはガスの満タン溢れがないからいつまでガス缶を押さえつけていなければいいのかわかりにくいってことはあると思うんですけど、けっしてガスが入っていかないわけじゃないと思っています。
要は慣れの問題なんじゃないでしょうか、和物と洋物のAVの違い程度で目的は達せるということでは違いはないと感じますし( ‘ω’)?

kashiyukoはノズルの交換はしないです、たぶん。

img_9985

続いて謎ワイヤー。
これで南京錠のリングでも切って、盗んだバイクで走り出せってことでしょうか( ‘ω’)!?
バイク乗りなら分かってもらえると思うんですけど、(´-`).。oO(盗んだバイクで走り出したら、バイク返ってこなくていいから盗んだバイクごと崖から落ちて氏ね!って思いますよね。
あの歌も歌ってる人も大嫌いです。

img_9987

そして最後にレーザー彫りされたステンレス(たぶん)プレート。

こういうのって大事ですよね!
ユーザー満足度を盛り上げるのに大事ですよね!

img_9989

どっちが表か裏かはどうでもいいとして、反対面にはSR-25も反対面が彫られています、すごいですこれ( ‘ω’)!

ぶっちゃけkashiyukoは悟りの境地に達した大人です(!?)からミニマリズムでやって行きたいので、ハードケースとかこういうのはむしろいらないんですね(๑´・_・`๑)
VFCさんの熱い気持ちだけありがたくいただいておきますが、たぶん次回燃えないゴミの日に出されてしまうことでしょう、ごめんなさいVFCの企画とかした皆様。゚(´つω・`。)゚。

img_9991

プレートにはS/Nが彫ってありまして、もちろん銃本体・ハードケースのS/Nとはマッチングです。
VFCの梱包ライン及び検品ラインの工員さんに於かれましてはさぞチェックが大変だったものとお察しいたします、その分高額銃セグメントになったんだと思いますけど。

img_9985

で、さっきの謎ワイヤーって書いたワイヤーですけど、あれってこのプレートのホルダーリングにするワイヤーみたいですね。

img_9993

さて、開けてないのは本体のみになったぞ( ‘ω’)!

img_9994

ほぉぉぉぉ(;´Д`)、、、ていう気持ち半分、G&PのSR-25とたいして変わんねーなって気持ち半分。
Primeレシーバー風にサラサラ風味を想定していたら割と油ギッシュでした。

ディテールインプレはまた別の機会に。

img_0001

SR-25のトイガンは所有して10数年になりSR-25自体の新鮮度が薄いのは確かですが、リアルサイズ系薄いグリップと細いトリガーガードのSR-25にはやはり”買ってよかった想い(*´ω`*)”が滲み出ざるを得ません、これはいい物ですヾ(*´∀`*)ノ゙

と、袋出しとしてはこんなものでしょうか。
本体は発売前にWebで流れていた情報(画像とか)どおり割と卒ないSR-25になっていますし、付属品からはVFCの意気込みが感じられますが。。。

次回予告をしちゃいますけど、次回はVFCとかVFC SR-25のこれじゃないところを書く回になる見込みです。
VFCコアファンにとっては気分を害するでしょうし、VFC SR-25 GBBRにとても満足している皆さんにとっては水をさされた気持ちになることでしょう(๑´・_・`๑)
なので、この三連休~一週間くらいはkashiyukoブログにアクセスしないほうがいいかもしれません。

過疎ブログの貴重な貴重な読者の皆様の気持ちを慮るkashiyukoでした⊂(^ω^ )⊃

|Д´)ノ ジャ、マタ


カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。