投稿者 kashiyuko | 2016年9月18日

VFC / Knight’s Armament Company SR-25 (Mk11 Mod.0) – さらりと眺め回してみましたヽ(´∀`)ノ(前編)

img_0047

昨日箱出ししていたらとてもじゃないけど溜まった鬱憤を晴らさで(VFC SR-25とkashiyukoの)この先があるものかーヽ(`Д´)ノ
・・・と、前回さんざん悪態つききって出し切った感があって、kashiyukoスッ\(^▽^)/キリしております。

あとはVFC SR-25を楽しむことしかやることは残ってないですから(‘ω'(‘ω’)’ω’)

img_0050

ということで、間にノイズが入ってしまいましたけど箱出し~SR-25お楽しみ序章の続きをしてみます。

img_0055

まずコレジャナイMAXポイントを通り越してSR-25を手にしていろいろ眺めて気がついたのが、トリガーガードのピンの叩き込み傷。
うちの子はこんなザクザクでしたよ、VFCクオリティキタ━(゚∀゚)━!!

前回悪態ついていたところが残念すぎてあの時は見逃していましたけど、やっぱり10万円の仕事じゃないですね、もうどうでもいいですVFCのお仕事は”こんなもの”・”この程度のもの”ですから~(っ´ω`c)♪
これが日本でのお仕事だったらお給料もらえるんじゃなくて解雇通知がもらえるところですね、VFCの仕事が楽そうで就職したいですほんといい会社です(棒

(´-`).。oO(製造部門は切り離したほうがいいかもな。。

img_0060

さて、VFCはどうでもいいんですこの際ですから、大事なのはSR-25なんです。
弄くりまわすのに邪魔だからサプレッサとかバイポッドを外して綺麗に並べてみました。
kashiyuko氏のSR-25に対する礼としてやはり雑然とした画像ばかりではどうなのかなって思った次第です⊂(^ω^ )⊃

img_0063

レシーバーを眺めた印象は、kashiyukoはG&PのSR-25を持っているということもありますので、電動と違う部分以外はこれといっておおっ!てこともなく、まあまあ卒のない出来なんじゃないかなって思います。

img_0065

MADE IN TAIWANのシールも綺麗に貼り付けられています。

img_0067

レシーバー左面のスチールパーツチェックをしてみます。
レシーバーとトリガーガード以外の部品は全部スチールパーツですね、ここはDXラインとしての面目躍如といったところです。
(廉価版が出たとしてもスチールパーツが奢られるかもしれませんので、DXだからっていうことはないかもしれません。)

img_0069

続いてレシーバー右面のスチールパーツチェック。
こっちもスチールだらけですね、よかった(っ´ω`c)♪

img_0072

フロント回りもことごとくスチールパーツです。
もしかするとSR-25本体の手に触れることのできる外装のうち、RAS/レシーバー/グリップ/ストック以外はほとんどスチール製かもしれません。

img_0075

レールに関しては(ちゃんとしたほうの)VFCクオリティで角がシャキシャキーっと立っていて気持ちがよいものです。
レールカバーはゴミ屑ですけどヾ( ‘ω‘ )ノ゙

img_0076

リアサイトはエレベーション/ウィンデージともに適度なクリック感があります、まあ普通のレプリカです。

img_0079

チャーハンは、、、まだ初めて引いたていどで当たりが出ていないせいかクリアランスが少ないせいか、アルミニウム同士が擦れるややもすると不快な感触がします。
当たりが出るのを待つ前に油差したい気持ちになりました。

img_0081

マガジンは400グラムちょっと、長物GBBのマガジンとしてはあんまり重くないほうですかね?
お座敷なのでkashiyukoにとってマガジンの重さがウィークポイントになることはないんですけど。

img_0164

ガス注入バルブはガス放出バルブの直下にあります。
銃本体にマガジンを挿すとバルブが見えなくなるタイプで、よってマガジンを挿したままガスの追い注入もできないことになります。

img_0169

マガジンには空撃ち機能のON/OFFスイッチらしきものがあるんですが、、、

img_0167

うちの固体はフォロアー下げたりしてもこのノッチが動かすことがまだ出来ておりません、すげえ固いです。
いずれ動かせるんじゃないかと思いますので今は深くは追求しないことにします。

img_0085

マガジン/サプレッサ/バイポッドなしのSR-25本体のみの重さは3.3kg。
M16と同じ20インチバレル&1m級としては、ふつうの重さといったところでしょうか。

img_0088

マガジン/サプレッサ/バイポッドをつけると4.4kgになりました。
スコープとかつけた装備重量としては5kg級になるかなって気がします。

img_0090

今回はとにかくSR-25を眺めてみるってことなので流れが整理されてなくてすいません。

さっきチャーハンを引いてボルトキャッチをかけて、ボルトリリースを解除してボルトを前進させてみたんです。

img_0092

スコォォォォォンってちょっとのっそりしたスピードでボルトキャリアが前進しました。
この動きちょっとどうなんかなって思うところです。

一応同じエンジンを積んだHK417はどうなんかなって試してみるとシャキーンって豪快にボルトキャリアが前進します。
うーん、当たりが出ていないだけならいいんですけど、まだ一度もGBBさせてもいないので今のところ評価判断は保留です。

img_0094

ストックは艶テカリなしのA2ストック。

img_0096

ストレッジ蓋もなぜかガッタガタですがちゃんと開きます。
(´-`).。oO(ガッタガタなのってうちの子だけかな?

img_0097

スリングスイベルはとりあえずスチールでないことだけは確かでした。

img_0099

さっきレールの出来はVFCクオリティでいいですよって書きましたけど、FF-RASはうちの子は若干左に傾いて取り付けられている感じ、いずれ直しますけど今すぐじゃなくてもいいです、はい。

と、唐突ですいません、今回のネタ用に40枚以上も写真撮ってるんですけど、まだ半分かよって確認したとたんにちょっと疲れたので、続きはまたにします。

一応本体の総括インプレとしては、非の打ち所がないといいたいところでいくつかkashiyukoに取っては残念なところもあったのは確かですが、GBBRとして卒のない出来ですので価格に見合うと思えれば買ってもいいとおもいます。

|Д´)ノ ジャ、マタ


カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。