投稿者 kashiyuko | 2016年10月8日

STAR/ARES L1A1 SLR分解に至る序盤のテイクダウンの仕方。

img_1223

雨降り天気からスタートした三連休、いかがお過ごしでしょうか、kashiyukoです。
ネタとは関係ないですけど、午前指定の宅急便ってなんで午前ギリギリの11時過ぎにしか配達に来ないんでしょうね、午前の宅急便待ちをしているとおおよそだいたい午前中は自宅待機でつぶれちゃいます(๑´・_・`๑)

そんな自宅待機なうなので昨日に引き続きL1A1ネタ。

image2x9

やはり反響があるのかどうなのか昨日のどうしようもない日記とともにL1A1のエントリーが上位に来ています。
(っ´ω`c).。oO(L1A1やるじゃん♪

img_1227

よし、新ネタも新発見もないL1A1だけど、昨日中途半端に終わらせたテイクダウンを何年ぶりかでしてみよう( ‘ω’)!てことに相成りました。

いまさら感。。。(´・ω・`)
おそらくARESの分解なんていろいろなブログさんとかが既にやられてると思うんですけど、まああそれはそれkashiyukoブログでもいっそうのL1A1の晴れやかな未来を願って被ろうがなんだろうがテイクダウンしてみたいんです(‘ω'(‘ω’)’ω’)

やるお⊂(^ω^ )⊃

img_1233

マガジンキャッチレバーのピボットピンを抜きます。

img_1239

ピボットピンはローレットピンなのでどちらがローレットか観察しながら抜くといいようです。

img_1242

つづいてレシーバーピボットの軸ピン(代わりのネジ)を外します。
ここは非鉄金属性のネジパーツなのでマイナスネジの痕がつくと(´・ω・`)ショボーンになりかねませんのでコインなんかで回したほうがいいかもしれません。

img_1245

反対側のネジも。
本来はここは割りピンだったような気もしますが、ネジで再現されている以上仕方がないのでネジ回します。
こっちはネジ頭と同じかより幅のあるドライバーで回してあげれば変に疵はつかないような気がします。

img_1248

レシーバーのピボットネジが外せました(っ´ω`c)♪

img_1252

昨日も書いたとおり、マガジンキャッチレバーのピボットピンを抜かないとテイクダウンラッチを操作してもこのくらいしか動かなかったと思いますが( ‘ω’)!?

img_1262

ここまでの手順を抜かりなくこなせばバカっと開くようになります。

img_1264

構造的にピボットを軸にしてテイクダウンできるような構造ではなさそうですので、アッパーアセンブリを前方にスライドさせるような感じでパージします。

img_1268

なお、レシーバーのピボットを軸に回せない理由ですが、赤○のレシーバーピボット軸回転に対して空色○のマガジンキャッチピボット軸が回転を邪魔するようになってます。
なので昨日無理をすると何かが壊れると書いたのは、このレシーバーピボットを軸に強引に回そうとするとマガジンキャッチピボット軸周辺を破壊しながらでないと無理ってことでした。
わりといい感じの再現が為されたARES L1A1ですが、多少の微妙要素があります。

(っ´ω`c).。oO(まあ電動ガンですし♪
(っ´ω`c).。oO(ほっそりL1A1が手にできれば幸せですし♪
細かいところには目を瞑るのだ\(^▽^)/

img_1275

デッキカバーとかダミーボルトカバーを外すとチャンバーの固定ネジなんかが見えてきます。
ここまでくればkashiyukoなんかより電動ガンになれている皆様でしたらチョチョイのチョイで分解できますね( ‘ω’)?
だからkashiyukoはこれ以上はやりません( ‘ω’)!

img_1277

ロアも電動の後配線のM16とかG3とかM4なんかの経験があればサクサク分解できると思います。
kashiyukoは電動オンチなのでこれ以上やったら元に戻せないwのでこれ以上はやりませんけど、きっとkashiyukoからみたら電動ガン博士の皆様でしたらサクサク分解とかチューンとかできるんじゃないかなって思います(っ´ω`c)♪

img_1280

アッパーだけ並べて遊ぶの楽しいよね(ㅅ´ ˘ `)
※やっている本人だけ。

l1a1

裸のL1A1サービスショットヾ(*´∀`*)ノ゙

何年ぶり?10年近くぶり?にSTAR/ARES L1A1のテイクダウンがリマインドできてわりと楽しかったです(っ´ω`c)♪
はよ宅急便来い( `Д´)!

|Д´)ノ ジャ、マタ


カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。