投稿者 kashiyuko | 2016年10月9日

タナカ 九九式短小銃の九九式口径.30小銃化への道~第7回 掘ってみた

img_1325

こんばんは、バカのBなB型っ子なkashiyukoです。

唐突ですが・・・♪柱の傷はおととしの~(っ´ω`c)♪
あ、別に柱の傷は関係なくてですね、“タナカ 九九式短小銃の九九式口径.30小銃化への道”連載企画の前回はいつだったかなって探してみたら一昨年だったんですね、いくら何でも寝かせすぎですよね(っ´ω`c)?

img_1306

九九式口径.30小銃のエントリーにアクセスは日頃ほとんどないんですけど、10日ほど前にアクセスがあったことをkashiyukoは目視しました。

(´-`).。oO(あぁ、そういえばそんなやりかけ放置ネタがあったなぁ。。

img_1308

なぜ放置したのか(´・ω・`)

そう、最近kashiyukoブログを知った方とか他人のブログの2年前のことなんて覚えてらんない方とかいらっしゃると思うんで“タナカ 九九式短小銃の九九式口径.30小銃化への道”連載企画かのエントリーを読み返してリマインドしていただきたいと思うのです。
ちなkashiyukoはめんどくさいところで放置した思い出があるから、次に何をするべきかはちゃんと把握しています、二年経っても(‘ω'(‘ω’)’ω’)

それは九九式口径.30小銃化を目指すにあたり、7.7mmJAP弾と30-06弾のサイズの違いから装填がしにくいところを30-06弾のサイズに合わせて掘り込むことでした。
あの溝がないと九九式短小銃と九九式口径.30小銃の違いなんてよく分からなくなっちゃいます、唯一の視覚的訴求ポイントですから(ㅅ´ ˘ `)

imagerf2

掘らさせていただきます( ‘ω’)ウホーッ!

img_1310

これぐらい揃えればできそうですかね( ‘ω’)?

・・・およそ30分後。

img_1316

できたンゴヾ(*´∀`*)ノ゙

たった30分でできたんだったら2年も寝かさずにやればよかった、後悔先に立たず(´・ω・`)ショボーン

img_1319

30-06弾が引っかかりなく装填できるようになりました(っ´ω`c)♪

ふと思ったんですけど、やってることはわりかしまともなんじゃないか?⊂(^ω^ )⊃??
kashiyukoブログのコンセプトを思い出していただきたいのですが、まあなんですか敷居が低くて誰にでもできることしかやらないのがkashiyukoのコンセプトですから、九九式短小銃と100均にあるようなヤスリセットがあれば九九式口径.30小銃化は九九式小銃の来歴とかいろんな知識がなくてもわりと簡単ですよってことが言いたかったようです。

ただなぁ、、、kashiyukoは好きでやってるからいいんですけど、このネタ世間的な需要はないんだろうなぁ(๑´・_・`๑)
今日明日のPV急低下が怖いです。゚(´つω・`。)゚。

|Д´)ノ ジャ、マタ

広告

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。