投稿者 kashiyuko | 2016年10月16日

MGC / Colt M16A2 Carbine (M725) ちょっと補整したいと思ってたので・・・やったったwww⊂(^ω^ )⊃

img_1519

どうもこんにちは、今日はMotoGP茂木ラウンドなのでMotoGPクラスが始まる前にブログ書ききっちゃってゆっくりテレビみたいと思っているkashiyukoです。
とゆうことで、Moto3・Moto2クラスの中継観ながら弄ってたMGC M16A2カービンのお話です。

img_1523

お盆くらいにいろいろブログのネタにしていたMGC M16A2カービンのモデルガン。
やりたいことは残っていてまだまだ物足りなかったのですけど、ちょっと面倒なところだったとか他の鉄砲にうつつを抜かしたりとか、まあそんな感じでなかなかいじる順番が回ってきませんでした。

そろそろ季節も秋本番、やるか( ‘ω’)!
※秋とかはあんまり関係ありません。

img_1527

春ごろだったでしょうか、このMGC M16A2カービンを手に入れてずっと気になっていたのがアッパーアセンブリというかバレル。。

プラ製モデルガンなので、まあ細長いバレルが撓るのはまあ仕方がないかなって思うんですけど、これは撓るんじゃなくてガタガタ(´・ω・`)
伸縮式の釣竿だって撓るのは許せてもガタガタは許せないじゃないですか、例えがおかしいかもしれないですけど。
それくらいガタガタだし、グリップを片手で持ってちょっと勢いつけてゆすればバレルがグラグラするほどガタガタなんです(๑´・_・`๑)

img_1530

モデルガンという構造的にまあバレルが分割式で、しかもプラスチックで、ABSで、、、しかも20年以上物の中古なので接合部にもだいぶガタが出ています。

接着剤で固めてしまえば簡単なんですけど、それじゃあまりにも芸がないので、ちょっと別な手立てでガタツキを解消してみたいと思います。

img_1532

用意したのはノートの紙。

img_1572

なおお盆にMGC M16A2カービンをいじっていた頃にバレルナットはガチガチに締め上げてあるので、ここのガタツキはありません。

img_1536

バレルのガタガタガタツキの原因となっている接合部分を分解します。

img_1537

フロント部分はアルミパイプにプラ衣のてんぷら構造になっています。
このアルミパイプのインサートに嵌る凹がそもキッチリじゃないですし、ABSパイプ部分も経年なのかちょっと緩いのです。
ゆえに組むとガタガタしちゃいます。

ガタガタ(((・∀・)))しちゃうよ!

img_1540

アルミパイプがABSパイプに入る深さは20mmといったところでした。
ノートの紙で20mm幅の短冊を作りまして(っ´ω`c)♪

img_1543

巻いて巻いて~(っ´ω`c)♪

img_1546

ううぅきついよぉ(๑´・_・`๑)
ごめん(^ω^ ≡ ^ω^)

そんなやり取りはブログを書いてるときしか妄想しませんので、ふだんのkashiyukoについてはあんまりご心配いらないかもしれません。

img_1550

ちょっと細くしたりします。
だがまだきついので、、、

img_1551

もうちょっと細くしたらいい感じになりました。

ぴったりというよりは多少紙ロールを締め気味で穴に入る感じです。

img_1556

ちょっと嵌めてるだけですが、本体を持って振ってもグラグラしなくなります。

img_1559

じゃ!ってことでインサートが入る溝に切り込みをつけたりピン穴を開けます。

img_1562

あ、てんぷらABSアウター入れるの忘れてた(‘ω'(‘ω’)’ω’)
てゆうか、てんぷらABSアウター入らないじゃないですか、困ったぞう(´・ω・`)

・・・やり直し_ノ乙(、ン、)_

img_1564

てんぷらABSアウターの穴を若干広げてアルミパイプの銃口側にも紙を巻いてみました。

img_1566

接合部分はこんな感じですね。

img_1569

うん、しっかりしたんごヽ(´∀`)ノ

img_1574

ABSに対して内側から拡げるストレスがかかりますので、念のためにアルミテープを巻いて補強しておきます。

img_1575

おわったーヾ(*´∀`*)ノ゙・・・といいたいところですが。。

img_1580

実はこのMGC M16A2カービン、ガスチューブ止めピンがありませんでした。

img_1586

中古・・・この製品が最初のオーナーの手に渡ってから20数年は経っていることでしょう。
その間にもしかすると数々の男達に弄ばれ、、、ここのピンはいつの間にかなくなっていたのかもしれません。

img_1589

この穴って微妙なサイズじゃないですか( ‘ω’)?
1.5mmだと細すぎるし、2mmだと太すぎるし、、、なかなかズバリの太さの針金とかピアノ線が見当たらないので、今回は2mmプラ棒からピンを作ってみることにしました。

img_1592

プラ棒を削って細くします。

img_1593

うん、ちょうどよかね(*´ω`*)

img_1595

カットして~、穴に入れて~⊂(^ω^ )⊃

img_1597

手に入れて半年ぐらい( ‘ω’)?、ようやくプラモデルガンとして不満がないMGC M16A2カービンになりましたヾ(*´∀`*)ノ゙ウヒョォォォ

img_1600

まあ、バレルのガタツキが解消したとはいえ、フルプラスチックのモデルガン、ハンドガードを強く握ったりすればギシアン撓ったりはするのは致し方ないです。

img_1604

撓りとかが嫌なときはガチフルメタのエアソフトを手にすればいいのです(‘ω'(‘ω’)’ω’)

img_1606

モデルガンはこういうことやって楽しむものですよね( ‘ω’)!?
エアソフトにはない楽しみ方っていうのがモデルガンにはあるのでございます( ˘ω˘ )

img_1610

AR-15系(・∀・)イイ!

やった、GP始まる9分前に書き終えた(っ´ω`c)♪

|Д´)ノ ジャ、マタ

広告

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。