投稿者 kashiyuko | 2016年12月2日

九七式狙撃銃と九九式小銃

img_3174

九七式狙撃銃と九九式小銃。

img_3173

2-3日前にネタにした九七式狙撃銃の機関部内に埃というか金属粉というかちょっと目立ったので今日はお掃除しようと思いました。
あ、そうそう、今日はお盆以来の有給休暇取ったンゴ~⊂(^ω^ )⊃

img_3141

照準眼鏡外した九七式狙撃銃と九九式小銃がお掃除していたら並んだら。。。( ‘ω’)!?

img_3144

九七式狙撃銃本体と九九式小銃ってそっくりじゃね( ‘ω’)!?、、、って思うのでした。

img_3149

九七式狙撃銃本体と九九式小銃、どっちも脚がついているし銃身長も同じだから、パッと見が瓜二つ( ‘ω’)!

img_3161

フロントバンドがちょっと違うので見間違うことはないにしても、遠目の見た目はそっくりでした。

img_3150

真ん中辺りもそっくり、、、だが大物パーツの共通パーツは少なめ。
一見似てるんですけど、あんまりガツンと売れないジャンル銃なのにパーツの互換性がないところパーツ換えだけのバリエじゃないところにタナカさんの意気込みが感じられるわけです。

こういうメーカーさんがあってくれて良かったと思えます(ㅅ´ ˘ `)

img_3163

リアバンドを留めてるネジの角度も同じに見えるんだけど、、、気のせいかな(๑´・_・`๑)

img_3155

銃床はだいぶ長さが違いますね。
三八式系よりも九九式系のほうがなんか好きなのですけど、銃床の長さは三八式系のほうがしっくり来ます。

img_3157

いつも遊底被をつけているのでなかなかお目にかかれない機関部。
見て思い出しましたけど、三八式系はボルトハンドルの通り道が両側壁になってましたね、そういえば。
三八式を運用した結果、この壁イラネーわ( ‘ω’)!ってことになったんですかね、よく知らないんですけど⊂(^ω^ )⊃

img_3168

お掃除しながら、この1cmくらいのストロークの間にいろいろ詰まってるんだなぁ( ˘ω˘ )って思いました。

img_3165

試したことなかったんですけど、照準眼鏡外した九七式狙撃銃って脚が付いてるせいかわりと楽しめますね(‘ω'(‘ω’)’ω’)

|Д´)ノ ジャ、マタ

広告

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。