投稿者 kashiyuko | 2016年12月24日

東京マルイ / 89式 5.56mm小銃 – 初めてサドパパーツを組み込んでさしあげた⊂(^ω^ )⊃

img_4090

おはよーヾ( ‘ω‘ )ノ゙

891224

みんな大好き、kashiyukoも大好き、昨日の続きで89式小銃でございます(ㅅ´ ˘ `)

img_4037

昨日ちょっとだけ分解した東京マルイの89式小銃。
こういうパーツ割り(電動ガン)から気持ちが遠のいて結構経つのでなかなかヤル気が起きなかったとかなんとか。。。

imager2

img_4040

以前に“分解できねえっす。゚(´つω・`。)゚。”って日記を書いたときにチラ写りしてたんですけど、東京マルイ89式小銃用にパーツを手に入れたんです、それを組み込みたかったんです、けど電動ガンの分解メンドクせぇかったんです(๑´・_・`๑)
そろそろねんがんのパーツを手に入れて3ヶ月経ちそうで、だんだんねんがんの意味が薄れてくる頃ですので片付けてしまいたい( ‘ω’)!

ブツ的にはご覧のとおりアウターバレルなんで、どおしても分解の必要があったから組み込みが延び々になっていたのでした。

img_4045

昨日いわゆるフロントを分解していて、穴が開いてたり、溝が彫ってあったり、、、アウターバレルにはわりと手が込んだ加工がしてあるんだなって思ったのです。

img_4046

買ったアウターバレル、ネットのただの棒にしか見えない写真とお値段だけで即決でポチったんですけど、こういう(穴とか溝とか)加工ちゃんとしてあるのかどうか気になってきました、まだパッケージ(ただのエアキャップ袋)も開けたことがないものでしてil||li(A´・ω・)

img_4051

パッケージ開けてみた、ちゃんと加工してあった(*´ω`*)、よかった(ㅅ´ ˘ `)

img_4055

なんか見比べているとネジ穴の大きさが違うように見えるんですけど、これって、、、

img_4059

今回東京マルイ89式小銃用に手に入れたアイテムはスチールアウターバレル、たぶん3980円だったと思います。
しばらく前に“WE / Springfield Armory M14 超クールなパーツを組み込んでみたヾ(*´∀`*)ノ゙”っていう日記でWE M14ライフル用の超クールなパーツをご紹介しましたけど、あのパーツを買ったついでに一緒にポチったのがこのスチールアウターバレルでした、思い出した( ˘ω˘ )

それにしてもGBBRのスチールアウターバレルのお値段なんかが相場感になっていると電動ガンのアウターバレルって激安に思えますね、ついつい何も考えずにポチってしまいます⊂(^ω^ )⊃

img_4060

東京マルイ製のアルミアウターバレルは100グラムちょっと。

img_4064

スチールアウターバレルはおおよそ350グラムです。

先日SW1911なんかで重くしたいとウェイトを積んでようやく100グラム増えたとかなんとかささやかな幸せを感じていたんですけど、長物だと何の苦もなく200グラムも増えます。。

img_4068

ほんだらつけてみよか(‘ω'(‘ω’)’ω’)

img_4070

なお、これはネットの商品説明にも書いてあったのですけど、電池ケースの組み付け用ネジ穴は空いておりませんので、電池ケースを取り付けたいのであれば何かしらの固定手段を講じる必要がありそうです。

img_4075

瞬着で固定っていうのもアリかもしれんです。

img_4078

が、今後分解することはもうない気もしますが、なんとなく瞬着固定は嫌だったのとそれほどの強度パーツでもないことから両面テープ固定にしますkashiyukoさんは。

img_4082

両面テープで止めた電池ケースですが、ハンドガードの固定自体は前後端であり、電池ケースはハンドガード真ん中辺りの膨らみ防止の機能しか担っていませんので、両面テープ止めでこれといって問題はない感じです。

img_4084

できたヾ(*´∀`*)ノ゙
フィッティングが悪くて削ったとかそういうこと一切なくポン付けで取り付けできました、上で書いたネジ穴も元のネジがそのままちゃんと使えましたヾ(*´∀`*)ノ゙

・・・がヌカ喜びはほどほどにしてほしい、だって所謂フロントを本体にくっつけるのにネジ止めが必要だからまたバラさなきゃいけないわけなのであって(๑´・_・`๑)

img_4088

所謂フロントと本体合体ヾ( ‘ω‘ )ノ゙
今度こそできた~ヾ(*´∀`*)ノ゙

img_4092

見栄えはあんまり変わんねえですね(๑´・_・`๑)
うん、こういうの自己満、自己満、、、激安中華の塗装ほど元がヘッポコだったわけじゃないので、わりと見た目は変わんなかったです。

img_4101

ですけど、とてもフロント加重になりましたよ、この東京マルイ89式小銃。

軽量アサルトライフルだといちばん重いパーツはバレルだと思うんで、フロントへヴィ()なのはそれはそれで理に適ってるんじゃないかとかなんとか思ったりなんだり。
でもこの10年来東京マルイ製の89式小銃に慣れた身体には違和感を感じます、、、そのうち慣れるんでしょうけど。

img_4107

バイポッドを一度取り付けただけであっさり染めが落ちる、、、ようです。

img_4103

見た目が変わらなかったこともあって完全に材質変更だけっていう自己満足で終ってしまいましたが、お値段もお安かったってこともありまあまあ満足度は高い(っ´ω`c)♪

ほとんど見た目が変わらないから、スチールアウター組んであるって言われてアルミアウターのやつと一緒に並べないと違いは分かりにくいのが難点・・・でしょうか。

img_4109

kashiyukoの89式5.56mm小銃はこれで結晶化。
レールのハンドガードにしたいとかストック替えたい欲望がないからこれで結晶化。
箱出し時点ですでに終わってたのがなんとなくサドパパーツに換えられる部分がようやく換えられて一応カスタム()ってことになるんかもしれないですけど、これで\(^▽^)/オワタ

お座敷だしBB弾撃つことはないkashiyukoですので、もう分解することもないでしょう何十年後かにネジの増し締めしたいとかない限り。
そんな想いが高まった東京マルイ 89式5.56mm小銃の日記でした。

|Д´)ノ ジャ、マタ

広告

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。