投稿者 kashiyuko | 2017年1月9日

G&P Dragunova SVD – WE外装にして・・・。゚(´つω・`。)゚。

img_4867

WE ドラグノフに進展があった関連でドラグノフネタが続いてすいません、どうもおはようございますkashiyukoです。

img_4869

昨日WE ドラグノフ本体にG&P(ノリンコ)外装のコンバートが一応の終わりを見たので、今朝は後始末にかかりました。
後始末というのは用済みになったG&P ドラグノフ本体とWE ドラグノフ外装、合体させて一挺分になるので(ばらばらだと邪魔だから)形にして死蔵させておきましょうかとおもいまして。。

img_4871

寝起きにやってみました。
高級家具調()風なWE外装、、、そもそも4年もドラグノフ不在になったのはこれが発端でしたね、もうどうでもいいですけど。

img_4872

G&P ドラグノフに適当につけてみました。

img_4876

まずハンドガード。

img_4879

リアバンド(?)はわりとすんなり入ったのですが、

img_4880

ピストンロッドが収まるところに内蔵されたガスタンクがWE ドラグノフ高級家具調()ハンドガードには収まりませんでした。
強度的な問題でしょうか、G&P(ノリンコ)のハンドガードよりも厚みがありましてどうにもこうにも収まりません。

img_4883

加工すればなんとかなる程度ではあるのですが、G&P本体 + WE外装のドラグノフに手をかけるのは面倒なので、死蔵しておくに十分だろうとガムテ止めしておしまいです。

img_4885

最後にストック。

img_4889

昨日のWE本体にG&P(ノリンコ)外装ではストックの穴が深すぎるのでネジにスペーサーかませたりしていましたが、G&P本体にWE外装では穴が浅すぎるので少しだけ深めてみました、、、が位置合わせするほどの熱意はないのでぜんぜん合っていませんけど死蔵しておくには十分です。

img_4867

G&Pドラグノフなぁ・・・

img_4891

ダストカバー代わりになるセフティレバーがデッキカバーと隙間がなくてWEより気持ちがいい感じがあったりとか。

img_4893

スチールパーツのエイジング(酸化)によるヤレ感がまあまあいい感じでWEのいつまで経ってもピカピカな塗装(?)より気持ちがいい感じがあったりとか。

img_4900

当時唯一の”風(ふう)”ではないドラグノフとして、その後も電池とかモーターが入っていないトイガンとしてGBBR黎明期の品でありながらもノリンコパーツ盛りなあたりが重宝したものですが。。。

img_4895

さすがに電動ガンの擬似ブローバックくらいのピコピコGBBでは今の時代に所有満足度を満たすことはできず(๑´・_・`๑)

img_4903

G&P ドラグノフ、、、長い間ありがとう、さようなら。゚(´つω・`。)゚。

|Д´)ノ ジャ、マタ

広告

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。