投稿者 kashiyuko | 2017年3月4日

TANAKA / PERFORMANCE CENTER® MODEL S&W500 10.5″ – 箱出したインプレ等( ‘ω’)?

img_7069

5時はまだ暗い。。。

こんにちはkashiyukoです。
kashiyukoさんいいかげん歳でしてお休みの日はわりと目覚めが早いのです。
夏場だと目が覚めた4時半5時にはもう明るいのでなんとなくそのままドライブに出かけちゃったりするんですけど、今日の5時はまだ真っ暗でした、それに寒い(๑´・_・`๑)

Σ(゚∀゚!
そうだブログ書こう( ‘ω’)!

※注意
※今日のブログは大口径をディスるブログなので、大口径好きな方は先に進まずミリブロをお楽しみください。

ということで先週箱出ししたタナカのM500 10.5のインプレの続きです。
先週は書き飽きて途中で止めちゃいましたけど写真は撮ってあったのでキーボード打つだけです。

img_7046

パーティングラインチェックの続き、ハンマーなんかもパーティングラインはとってあります。

img_6532

世代が違いますから直接の比較はまったく意味がありませんけど、コクサイのM629(ガスガン)の世代では、まあパーティングラインは見事に残っていましたから、手が込んでいるといえばそうなんだなと。。

img_7044

フロントサイトは8インチはターゲットタイプのものでしたが10.5は普通のレッドランプです。
サイト自体はプラスチック製のようで、レッドランプもプリントのような感じがします、たぶん。
※ちゃんとしたことはちゃんとしてるブログ様などでリサーチくださいませil||li(A´・ω・)

img_7049

うちの固体ではラグ下に牽けというかなにかがありました。
ただ感触はツルツルなのでパーツ自体の凸凹ではなくメッキムラのような( ‘ω’)?
クッソでかいM500 10.5のなかで5mmくらいの痕なので、うんぜんぜん気になりませんな( ˘ω˘ )

img_7056

さて、ここからがインプレ。

kashiyukoの中の人的には今のマイブームというかいちばんフェイバリッツなのは357マグナムとかの38口径クラス。
子供の頃から44マグナムとかは既にあったので、強いの方が偉いの!という子供心に44マグナムはヒーローでした、357マグナムなにそれおいしいの?( ̄∀ ̄)??ぜんぜん興味が向かずにおっさんになりました。

が、コンバットマグナムだの586/686を手にするとなんだかその締まった感じが妙にカッコよく感じてくるものです( ‘ω’)!
だんだん44マグナムの大きなシリンダーが頭が悪そうに見えてきました、この10年ぐらい44マグナムは馬鹿の代表だと思ってます、ほんこれ力押しの頭悪そうな銃の筆頭です( ˘ω˘ )

あぁそれなのにもっと頭悪そうな脳みそ筋肉製みたいな500マグナムとかもっと頭悪そうじゃの┐(‘∀`)┌

img_7061

左から38、44、50、、、空洞がどんどん大きくなって空っぽになっていく進化の過程とかすげえ(‘ω'(‘ω’)’ω’)

img_7066

M500とか好きとかいうんじゃなくて興味があるくらいで持っていました。
そのうちバリエで短いのがいくつか展開され、kashiyukoもあぶなく買いそうになることこの数年の間毎年年に二回ぐらいあったんですけどなんとか堪えていました。
それが長いほうへのバリエ展開、頭が悪そうなバカデカシリンダーがちょうどいい按配になってM500がエクセレントカッコよく見える縮尺比というかバランスになれた気がするのです(*´ω`*)

そのあたりにタムタムでモノはペガサスだったものの実物を見たらビビビビビーΣ(゚∀゚ときちゃいまして、頭悪そうカッコ(・∀・)イイ!

普段kashiyukoわりと地味銃ばかりじゃないですか、カラフルなAR-15とか持ってませんし。
質素とか質実とか地味とか大好きな世代にとってはコレジャナイんですけど、これはそういう世代が内に秘めたアメリカへの憧れ・・・無駄にでかい、超長いボンネット、いろんなパーツがベカベカ銀メッキ、そんなアメ車への無駄が多いとか卑下しつつ憧れるみたいな、それに通ずるものがあります、ディスりブログに見えるかもしれませんが内なる憧れを素直に書ききれていないだけですきっと(ㅅ´ ˘ `)♡

img_7064

コクサイ、MGC、MGC、コクサイ、タナーカァ(ㅅ´ ˘ `)
500馬鹿が仲間入りしたら今まで筆頭馬鹿だった44が普通の子になれました、大口径は無理に短小にするより思い切ってクッソ長くしたほうがいいですね(っ´ω`c)♪

img_7038

大口径は長いとスッ(・∀・)キリ!
前回のリボルバーブログではkashiyukoがいかに8インチクラスレングスに興味がなかったかを書いた覚えがありますけど、大口径リボルバーは8インチクラスだとシリンダーの大きすぎる頭悪そう感がスポイルされていいものです、逆に357の6インチクラスがバレルが長すぎに見えちゃったりもするんですけど。。

今思うと大きいからHWで重いほうがいいとか思って8インチのM500はブラックヘビーウェイトのほうを買ったんですけど銀色買っておけばよかったかもしれませんね、もう買いませんけど(´・ω・`)

img_7034

wikipediaなんか読むとちょっとディスられ気味かなって受け取れるんですけど、小銃には到底敵わないのに無駄に大口径無駄にマグナム・・・見た目のインパクト最強!これ厨銃要素の結晶じゃないか( ‘ω’)!?
インプレとして思うところはただひとつデカイってだけなんですけど、タナカM500のバリエの中ではシリンダーの大きさに迷いが出る短いバレル方面と違って悩みも何も吹っ切った爽快感を感じさせる10.5インチバレルはエクストリームコンシールドキャリーにぴったり()の一挺です⊂(^ω^ )⊃img_6972

四の五の言わずにとりあえず買ってオッケー見てオッケー持ってオッケー動かしてオッケー擦ってオッケーなハンドガンです。
モデルガンは一度ショートしたら次の再生産はいつになるか分かりませんよっと危機感あおったところで。。。

|Д´)ノ ジャ、マタ

広告

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。