投稿者 kashiyuko | 2017年3月11日

Marushin / Smith & Wesson Military & Police – マルシンのリボルバー新旧

5時に寝たら7時に起きた!、おはようございますkashiyukoです。
二度寝してもいいかなって気もあったんですけど、早くミリポリ弄りたいじゃないですか(っ´ω`c)♪
そんなおはよう日記から週末がスタートします(⊃´ω`)⊃

先週チラリご紹介したマルシン ミリポリ。
需要はないでしょうし大方の皆様にとっては「こんなもの」といった感じかもしれませんが、そこは訪れる人の少ないkashiyukoブログのことですから人気取りとか関係がないので我が道を突き進んでみたいと思います、だってこういうレガシーオモチャ弄ってるときがいちばん心ときめいて楽しいんですものヾ(*´∀`*)ノ゙

箱から出したミリポリです、今回はそこそこ中古なので躊躇なく箱出し遊ぶ用にしちゃいます。

かっこわるいがかっこいいこの2挺。
(´-`).。oO(もしかしてモデルガン系メーカーでカート式リボルバーで生き残ってるのマルシンだけか?

マルシンはBBエアソフトでは比較的初期からカート式リボルバー製品をリリースしていましたので歴史は結構長いと思われ。
所以にとある時点で別製品になったっていうぐらいのグレードアップというかエラ呼吸から肺呼吸に進化したぐらい弩デカイ進化を遂げた時期がありました、そんなところを今回はウォッチしてみたいですの(ㅅ´ ˘ `)♡

さわりとしてはたいしたことじゃないんですけど材質がHW材が導入されたとか、レガシー世代ではHW材製はありませんでしたからクッキリ感とかひんやり感が非常に良くなった印象です。

重み(ㅅ´ ˘ `)

軽み(´・_・`)

このレガシー世代ではお値段的に身近なあたりではどうしても軽かったですね、コクサイみたいなちょっとお値段的に距離があるものを手にしたときの重さったらこのまま驚きのあまり息絶えるんじゃないかと思ったほど(※誇張表現あり)でした。

カートもメタル製になってリムが剥がれるように割れ落ちたとか残念な思い出ができなくなっています、一生物のカートなんだと思います。

ミリポリのプラカートは1グラムと2グラムを行ったり来たり、たまたまシャッターを押した瞬間は2グラムでしたが1グラムを表示している時間のほうが長かったです。

マルシンのカートはコクサイみたいに凝ってないので軽いのは軽いんですけど、プラカートよりははるかに重かったけど重い印象はまったくありません。
軽いのは印象は余りよろしくないと思われる節もあるかもしれませんが、コクサイみたいな重いカートだと排莢するときにボトボトボトと落ちるだけですけど、この軽いカートはチャリチャリンいう場合もあるのでそういう音がしたときだけ「マルシン最高(っ´ω`c)♪」って思えます。

エンプティ風なのも装填するときはアレですけど排莢するときの気持ちの盛り上がりがありますから、、、入れるときと出すときどっちのほうが気持ちいいか(*´ω`*)っていうことなんじゃないかなって思います、どっちもとかは欲張りすぎです(‘ω'(‘ω’)’ω’)

さて、さわりはどうでもいいとして、今日の本題、エラ呼吸から肺呼吸に変わったのと同じくらいの進化を遂げたマルシンリボルバーの真骨頂(‘ω'(‘ω’)’ω’)

レガシーなマルシンリボルバーにはシリンダーストップが存在しませんよね、気持ちは分かっていただけるものと勝手に判断しますけどマルシン価格帯にしか手が届かないとここがとても残念に思えましたよね(๑´・_・`๑)
今こうしてレガシーマルリボだと思いながら手にしていてもちょっと残念で泣きそうですが大人だからこれぐらいじゃ泣きません(´;ω;`)ブワッ

進化を遂げたマルリボ(マルシンリボルバー、以下マルリボ)ではシリンダーストップがちゃんと再現されていて形だけの再現にとどまらず(?)一応機能するようになっているようです。
マルリボの最大の進化はシリンダーストップが再現されるようになったことだと考えています、kashiyukoは。
見た目だけじゃなくいろいろな意味で( ˘ω˘ )

いつまでたってもリボルバー特有のシリンダストップ摺動痕がつかないピカピカシリンダー、、、ですね。

レガシーマルリボのシリンダー位置決めはどうしてたかっていうと、このコーンです。

シリンダー前面はコーンが挿りやすかったり出やすいように傾斜がつけてあります。

シリンダーにコーンが挿っちゃってるのでバレルとシリンダーの隙間は存在しません。
モデルガンだったらここから多少火花散ってクレヨンとかいうところですが、これはカート式BBガン、、、カートの中、コーンの入り口、バレルといくつものトンネル入り口を通過してようやくBB弾がマズルから飛び出す壮大な旅なのです・・・困難な旅を経てお疲れ気分であろうことから実射性能はお察しなのですが(´・ω・`)ショボーン

カート式リボルバー、見た目と遊び心は最高ンゴねぇヾ( ‘ω‘ )ノ゙

と、このまま遊び始めるわけにはいかないのがレガシーマルリボ( ‘ω’)!?

まあだいたい箱出しでぶっ壊れる宿命にあったんじゃないかなって今になって思うのがレガシーマルリボ。
壊れるという表現が妥当かどうかは微妙ですけどパキパキ折れます、高校生の頃何度マルシンにパーツ注文したことか。゚(´つω・`。)゚。

遊ぶマルリボ ミリポリにするためにもう一ステップ踏まなきゃなりませんので今回はこのへんで。。

|Д´)ノ ジャ、マタ

広告

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。