投稿者 kashiyuko | 2017年3月20日

Marushin / Smith & Wesson Military & Police – 遣り残しやったったwwwヽ(*´ω`*)ノ

三連休も最終日の夕暮れ時、残り¼日、いちばん(´・ω・`)ションボリする時間帯がやってきました、こんばんはkashiyukoです。

さてこの三連休用に企画していたマルシン ミリポリの企画、レッツラゴー(死語)でございます⊂(^ω^ )⊃

普段あんまりリボルバーに夢中になることはないんですけど、何かきっかけがあったりするとリボルバーに気持ちが揺らぎます。
今回のリボルバーウェーブはM500がきっかけだったんですけど、なんだかこのショボいマルシン ミリポリのほうが楽しめているような気がするのはkashiyukoだけでしょうか。。。(゚ω゚)(?)

まああれでしょうね、お値段お高めで出来が良さめなTANAKA M500と比べてみちゃうとお値段かなりお安め出来は旧世代骨董品、、、ゆえに手がかかる子ほどかわいいわりにお金かかってないっていうお楽しみ要素が多いんだと思われ。

前回ちょびっと手を加えたマルシン ミリポリ、レガシー マルリボの割りに今時のポリスリボルバーくらいのトリガープルというかぎこちなさがなくなりました。
が、なんかアンポンタンkashiyuko氏の仕事っぷりですから、なんかそれはそれで抜けてるわけです、よね(゚ω゚)(?)

前回の作業で慣れましたので分解しました、今回こそ最後にしたいです。

なんか面相筆とかも用意したんですけどめんどくさくなって容器にバレルの先をドブ漬けしちゃいました。
バレルの脱脂からドブ漬け終わるまで120秒かからなかったと思います、見えないところですので雑です。

ついでに数日前に思いついたこ
もやっちゃいましょう( ‘ω’)!

バレルにウェイト装備、ついでバネの自由長(?)自体が変わりますのでウェイトの長さ分くらいカットしてみました。

グリップ部分で重さを稼ぐことには賛否があると思いますが、バレルの重みだけではあんまり変化がなさそうなので、グリップ内側の4階建ての上2階分を埋めてみました。

さてどうなることやら、、、部品単体ではそこそこ重くなっているような気もするんですけど、結果は30グラムぐらいしか増えないんじゃないかとかいう残念な結果予想をしたりします、大きすぎる期待は身体に毒ですからヾ( ‘ω‘ )ノ゙

バネの先を丸めることは忘れずにやっておきます、もしかすると他に忘れていることがあるかもしれませんが。。

組み立てたった⊂(^ω^ )⊃

おや、わりと重くなった( ‘ω’)!?
箱出ししたときに重さを量ったときには300㌘ほどでしたので2割程マシマシになったようです。
たいしたことはないとお思いの皆さんも大勢いらっしゃると思いますが、自分の体重が2割増えたらとんでもないことになりませんか( ‘ω’)?・・・まあそういうことなのでわりと凄い高価だと思います(ㅅ´ ˘ `)

バレルとかグリップの上のほうに錘を仕組んだので、重みはこのあたりにずしりときます、グリップが細すぎると感じるほどずっしりくるようになりました。
さっきまでのエアウェイトミリポリっぷりに╭( ・ㅂ・)ノシさようなら!

マズルも金ピカりゃーが目立たなくなって、マルシンレガシーリボルバーさが薄まったヽ(´∀`)ノ

バレルの先、トリガーガードの先、グリップの先、それぞれがなんとなく均等に⅓ずつで均整が取れててある意味カッコイイミリポリですね(っ´ω`c)♡
以前もマルシン ミリポリは持っておったのですが、そのときはそれほど興味も沸かずただのコレクションだったんですけど、今回ミリポリを改めて入手してみたらなんかこうムラムラくるダサカッコよさを感じるようになりました、歳はとりたくないですねΣ(゚∀゚ !?

|Д´)ノ ジャ、マタ

広告

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。