投稿者 kashiyuko | 2017年4月9日

ACM / IMI GALIL ARM – 超久しぶりだから再インプレする٩( ‘ω’ )و(長いので光速スクロールかブラウザバック推奨)

わりと雨ですね、こんにちはkashiyukoです。

いきなり話はそれますけど、ご存知のとおりただいまkashiyukoさん免停中(๑´・_・`๑)
原チャリの免許を取ったのが17のときだったんですけど、それから原チャリとかバイクとか車とかまあ行動範囲は楽に広がっていきましたけど、、、免許ないって行動範囲が極端に狭まりますね、この度の一件で実感しました。゚(´つω・`。)゚。
せめて原チャリの免許くらい罰金払ったら残して欲しいンゴーヽ(`Д´)ノ

さて話を戻してガリルです⊂(^ω^ )⊃

2-3日前になんかの拍子で手にしたガリル、錆だらけェ٩(๑꒦ິȏ꒦ິ๑)۶

錆落としのついでに超久しぶりだから再インプレしてみようってのが今回のネタの発端です。
錆落としてからやれよ!っていうこともあるかもしれませんが、まあそこはヘッポコkashiyukoブログですので大目に見てもらうしかないですはい(╥ω╥`)

とはいうものの、ガリルの大雑把なアウトラインは皆さんもご存知でしょうし、まあなんだ再インプレとかいいつつあんまり書くことないんじゃないか疑惑が浮かんできました、困った◟( ˘•ω•˘ )◞

そうだGun誌はどんなこと書いてあったんだ?( ̄∀ ̄)??・・・と読み返してみました。
なので皆さんもお手元の月刊Gun誌1981年12月号を片手にご覧いただけるとACM GALILがどんな感じなんかがよりお分かりいただけると思いますのです((((・ิ(・ิω(・ิω・ิ)ω・ิ)・ิ))))
( ‘ω’).。oO(Gun誌パクる気かよ!

持ってないんでしたらブックオフにいってらっしゃいませ~
ほれ、10円 ω・)و ̑̑༉⑩

「セフティ兼用のセレクター・レバー。AKのシステムそのままだ。」

「フレーム左側面の削り取り部分。オリジナルAKでは単なる軽量化のための削り取りだが,ガリルではスコープ・マウントになり,グレネード・サイトも兼用している。」・・・ということですがACMのガリルがマウントになっているかはよくわかりません(๑´・_・`๑)

「フレーム左側面,トリガー上方の刻印。ガリル・ファミリーはすべて同じ刻印が打たれているが,輸出型はヘブライ文字でなくローマ文字で表示されている。」、とのキャプションがありますが、Gun誌の写真とは違う刻印になっています。
(´・_・`).。oO(IMIマーク欲しかったね。。

「カバーを取って内部をのぞくと・・・・内部も(STD電動)AKと同じで」・・・メカボが入っています。

ボルト・キャリアーのコツキング・ハンドル。大型の円型ハンドルにはローレットがかかり,ハンドルは上方を向いて付いている。

だんだんGun誌をトレースするのが難しくなってきました⋆* ⁑⋆* (๑•﹏•)⋆* ⁑⋆*

「木製のフォアアームは放熱性が高くないので,バレル,ボルト・キャリアー・チューブとの間に十分なエア・スペースがとってある。」が電動ガンだからあんまり関係ないけどよく出来ていると思う( ˘ω˘ )

「折りたたみ式銃床を下面から見る。バット・プレートは,銃の軸線から左に偏心している点に注目。」

だんだんめんどくさくなってきました、あとは適当にいつもどおりな感じでご紹介しますね、まあとにかくかっけーガリルたん(っ´ω`c)♪

リアサイトはL型ピープ。
Gun誌によると300mと500mの切り替えとなっているとのことでして、、、

実銃同様にピープ上部に”3″の文字。

500mのほうには”5″の文字が刻まれています。
トイガンとはいいますものの細かいところもちゃんとしてるんですね、すげえACM ガリル*॰ْ✧ً⋆。˚٩(´͈౪`͈٩)⋆。˚*ْ✧ं॰*

ナイトサイトもついていますので、暗いところを狙うときにもサイティングがしやすくなっています。

前のほう、ちょっと全部鉄(ㅅ´ ˘ `)

真ん中あたりもほぼ全部鉄(ㅅ´ ˘ `)

後ろのほう、だいたい全部鉄(ㅅ´ ˘ `)

フルメタルは珍しくないしむしろフルプラスチックのほうが少ないんじゃないかと思いますが、こいつはメタルなんですけどとりわけ全部鉄、おそロシア(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
※ロシアは本ブログとは一切関係ありません。

鉄じゃないのはここの木とプラスチックと、

ここの非鉄メタルとプラスチックぐらいです。

トリガーはAKメカボ流用だからしょうがないところでしょうか、とにかく毎日舐めているだけで鉄分補給ができそうなくらいの鉄野郎ですこのガリル(≧∇≦)

ガスポート/フロントサイトベースなんかは穴すら開いていない無垢の鉄の塊とかもうね、、、(´・ε・̥ˋ๑)

これ実銃より重いんじゃね(゚ω゚)(?)

おかげで凄くガチガチした感じに仕上がっているACM ガリルです(ㅅ´ ˘ `)♡

マガジンリリースとか出っ張りがあってAKの128倍使いやすくなっていたりとか素敵(っ´ω`c)♪

そうそう、ワイヤーカッターも紹介しないとですねΣ(゚∀゚!
切っていいワイヤー(とか電線)が見当たらないので割り箸切ってみます。

(っ´ω`c).。oO(はさんで♪

(っ´ω`c).。oO(モギゅーってやって♪

(っ´ω`c).。oO(パチンて切れた♪

FTCはこのへんZnかなんかだった気がしますけど、このガリルは鉄、切断を思う存分楽しんで╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

もちろんビールの栓だって思いのままに、、、今はビールの気分じゃないから開けませんけど(´▽`)

こういうユーザー視点にたった利便性って大事ですよね、器用貧乏と( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

サバゲ中に弾切れとか困りますよね、もう何十年もそういうことやったことないんでおぼろげながらにしか覚えてませんけど戦士にとってきっと弾は大事~シュッ(ΦωΦ=(ΦωΦ)=ΦωΦ)シュッ

そんなときにも安心なのが電動ガリル( ‘ω’)!

遺憾にも戦場wで弾が切れても隣のAK野郎からマガジンを借りれば即戦線復帰でチームの勝利に貢献すること間違いなしなのがガリルARM、これすごい素敵コンセプトンゴねぇヾ( ‘ω‘ )ノ゙(たぶん)

このACM ガリルARMのアレなところといえば、こっちのセレクターがイミテーションモールドなところが一番のヘッポコポイントではあるんですけど、ICSの動くやつがない頃の製品だったと思うのでまあ仕方がなかったのかなって思います。
ICSのガリル欲しいかなって思うことが二年に一度ぐらいあるんですけど電動だからやめときます。
kashiyukoはこの全鉄ガリルで十分でございますの( ᵅั ᴈ ᵅั;)~♬

(இдஇ; )でも本当は動いて欲しいんだ。。ウルウル

あとはハイダーがM16A2っぽい伏せ打ちしてても砂塵が舞い上がらない下スリットなしたいぷなんですけど、最新のガリルARMってこういうもんなんですか(´・_・`)?
ガリルはGun誌のガリルくらいしか知らんのでなんかちょっとなーって思うんですけど電動ガンだからほとんど触らないのでもはやどうでもいいですの( ᵅั ᴈ ᵅั;)~♬

(இдஇ; )でも本当は均等バードケージが欲しいんだ。。ウルウル

さて、ボルト・キャリアー・ガイドは実銃同様スライドパージです。

ツールなしでのフィールドストリップはここまで。
Gun誌の実銃のほうもこんな感じまでなので、まあよく出来てるんじゃないかな評価です。

何がしたかったかっていうと、ACM ガリルARMの紹介じゃなくて鉄パーツとそれ以外に分けたかったんですよね、錆落としたいから⊂(^ω^ )⊃

こいつのパフォーマンスに超期待( ๑˃̶ ॣꇴ ॣ˂̶)♪⁺

|Д´)ノ ジャ、マタ

広告

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。