投稿者 kashiyuko | 2017年9月23日

WE / COLT XM177E2 – 外装ウォッチングしちゃう(アッパー編)

こんばんは、ネタの仕込みはお昼前だったんですけどだんだんめんどくさくなってきていたkashiyukoです。
いつもいつもなにかとありがとうございますヾ( ‘ω‘ )ノ゙(謎感謝

今週末はWE XM177E2の外装でもウォッチングネタにしようと先週から決めていましたので予定通り外装ウォッチングです。
WE XM177E2なんてリリースから何年もたっていますので外装インプレなんてのは他所ブログさんとかユーチューブさんでさんざんやられていることでしょうけど、ネタ被りとか気にしていたら弱小ブログなんてそもそもネタがなくなっちゃうじゃないですか(๑´・_・`๑)
なのであんまり気にせず遅ればせながらやるでゴンス(๑•̀ㅂ•́)و✧

今回はアッパー周りをウォッチング(っ´ω`c)♪

先っちょから見ていくことにすると、まあXM177E2って感じです。
ありきたりといえばありきたりで新鮮味こそないですけど、よくよく振り返るとマスプロダクトの箱出しフルメタのトイガンとしてのXM177E2は希少種な気がしました。
この10数年ぐらいの「長物トイガンはフルメタが当たり前になったころ」にはM4&レールの組み合わせが最新流行になっていましたからXM177みたいな骨董ARはポジション的に弱かったことでしょう。
それゆえ今時基準の再現度とかガチガチさで構成されたXM177E2はわりと(・∀・)イイ!です。

磁石チェック( ‘ω’)!
フラッシュハイダーはスチール製でアウターバレルはアルミニュウムっぽいです。

先週箱出しした際に緩んでいたのでなんとなくパーツ割りが分かってしまっていましたけど、アウターバレルは分割式になっています。
アウターバレルのエクステンション部分はおおよそ3cmぐらいでインチにするとだいたい1.5インチ分くらいになっています。

ですのでE1タイプのハイダーがお手元にあれば気軽にXM177E1化ができたり、
(kashiyukoはE1ハイダーなんて持っていませんのでエクステ外してE2ハイダー付けてみただけ。)

wikipediaのXM177のページにあるようなGAU-5A/A風にすることも簡単にできちゃいます(っ´ω`c)♪
(kashiyukoはA1のバードケージハイダーなんて持っていませんのでA2ハイダー付けてみただけ。)

BOMBERのM733を買い逃して夜も眠れなかったとしても、似たようなGAU-5A/Aが作れれば憂さは晴れるんじゃないかなって思います(ㅅ´ ˘ `)
素体はXM177E2なんですけど、わりと個人カスタム展開要素はあるんじゃないかなって思いました。

さてハイダーを着けたり外したりしていると、わりと重いのね( ‘ω’)!?
ハイダー自体が大きいですしスチールですし、こんな重さ。

WEのマガジンってわりと軽いじゃないですか。
ハイダーとマガジンの重さは10%差でしかないとかΣ(゚∀゚

ハイダーが重いおかげでフロントに重みがありましてXMを振り回したときに慣性で持っていかれる感があり、軽すぎるスカスカ残念感はないと感じました。

フロントサイトはA1の細いバレル用のものです、スリングスイベルはビニールコートのないカチャカチャ仕様ですM4との差別化なのかどうかわかりませんけどむしろいつからコートされたのかのかも知らないですけど、あとハンドガードキャップはグレネードランチャーが取り付けできるカットが入ったやつがついていました。

フロントサイトポストは、、、M4流用でスクエア形状のものでした。
M16/A1系とA2/M4系だと流用が効く外装パーツって以外とないのでこのXM177E2も同社M16A1と共用パーツはあれどM4からの流用はほぼなく新規起こしパーツだらけで満足度は高いだけにプチ残念なところではありますが、他がほぼ新規起こしでプレミア価格でもないのでまあ仕方なしってところでしょうか( ˘ω˘ )

スリップリングはスチール製。

アッパーはカートデフレクタがなくてリアサイトのエレベーション調整が2ステージ切り替え式の無印/A1レシーバーになっています。
書くまでもないですが今時水準トイガンなのでメタル製で強い(何と比べて?)です。

リアサイトは遠近切り替えができてしかもウィンデージ調整もできます。

フォワードアシストもダミーじゃなくて機能的にライブです。

そして最後に回したハンドガード(っ´ω`c)♪

ハンドガードはプラ製ですがこれまで長いXMトイガン史で見慣れたペコペコパコパコなABSテカテカハンドガードではなくWE M4とかM16A3のような硬くてテカテカしていないハンドガードになっています。
これまでテカテカさゆえかへに張り付く感があるABS製のものに比べてサラサラ触り心地がとてもキモチ(・∀・)イイ!です。
A2の実ハンドガードなんかはそこそこテカテカしていますので見た目はABSのほうが似ている気がしないでもないですが、実A2ハンドガードの触り心地ってサラサラ感触じゃないですか、そういった感触面ではWEはとても良いです。
見た目を取るか感触を取るか、わりと悩ましいところかもしれないですね(゚ω゚)(?)

そしてハンドガードを外すとちゃんとガスチューブ状の棒がついています、まあ今時普通です。

圧巻(?)はヒートシールドのライナーがちゃんとついていること(° ꈊ °)✧˖°オホッ!
マルシンのXM177は間近で見たことがないので知らないですけどMGC(SPG)にしろJACにしろXM系でライナー再現はなかったように思います、マルイ電池駆動ウィポポはもはや論外ですからどうでもいいですしおすし(ી(΄◞ิ౪◟ิ‵)ʃ)
ハンドガード”だけ”別売りしてくれよWEって感情がムラムラしてきます(੭ु ›ω‹ )੭ु⁾⁾♡

GBBとかがない電動全盛期のころ一度だけXMの実ハンドガードなんぞを手に入れたことがありまして、あの頃は実パ需要はモデルガンナーとかあんまりなかったこともありわりとお手ごろに手に入れた思い出がありまして、そのライナーにはこんな折り目はなくただのラウンドだったような記憶がありますが、、、実パでこういうのがあるのかどうかよく知らないのでライナーがついているだけで大満足です(゚∀三゚三∀゚) ウホー!

な、満足度が違ってくるじゃろ(゚ω゚)(?)
たった一枚のペライ金属板があるかないかだけなんですけどね( ˘ω˘ )

・・・俺達のWEヤッテ(・∀・)クレタ!

一応確認のためにWEとG&Pハンドガードを組み合わせてみました。
特にサイズ違いで無理ってこともなく、ズレ止めのリブが合わない程度でした。

ということでなにげにアッパーをネタにしただけでkashiyukoの中の人のブログパワーは満身創痍になるほど見所満点・満足度満点のWE XM177E2 GBBR。

いまさらXM177E2なんて(´・ω・`)
・・・っていう気持ちがあったからなかなか手が出せずにいたんですけどこれはこれで結構いいです、てゆうかまだ持っていなくてレールに飽きがきているなら圧倒的オススメのAR GBBRの一挺にちがいないです((((・ิ(・ิω(・ิω・ิ)ω・ิ)・ิ))))

|Д´)ノ ジャ、マタ

広告

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。