投稿者 kashiyuko | 2018年8月12日

MAGPUL PTS MASADA GBB をCO2で遊んで破壊(´・ω・`)ショボーン(ポロリもあるよ♪)

昨日CO2で遊んでいたMAGPUL PTS MASADA GBBR(WAコンバ)。
時が過ぎるのも忘れるほどではないにしろ久しぶりにWA系で遊んだな俺氏満足(ˆᴗˆ)って感じがしました。

が・・・

マグチェンするときなんか落ちてきた、ポロリって( ‘ω’)!
欠片単体ではあんまり見覚えのない欠片、お気に~のMASADAにいったいなにが◟( ˘•ω•˘ )◞

テイクダウンするじゃろ(゚ω゚)(?)

MAGPUL PTS MASADA GBBR(WAコンバ)の臓物パーツはスチール盛りだったからこのへんじゃないよね~とか観察とか動作チェックしてみますけど、臓物系は無事んご(っ´ω`c)♪

ほんならボルトキャリア周りかなー、でもあんな突起物見たことない気がするよなーって眺めてみました。
すると。。。

こいつか( ‘ω’)
リコイルスプリングガイドの抜け止めポッチが片方折れていました、とりま破損箇所が特定できたので一安心(*´ω`*)

これね、片方折れたぐらいでは機能的に支障はないですし、両方折れてもGBBRとしては動くんですけどもさ( ‘ω’)!

あの突起がリコイルスプリングガイドの飛び出し防止になっているからMASADAはテイクダウンが楽とかあるんですきっと。
あの突起がなくなったらテイクダウンする度に慎重を期さないとMASADAがリコイルスプリングガイド投射機になるんです、むしろカタパルトとかかっこいいかもしれないけどMASADAにその機能はいらないし。
マルイさんが89式GBBRで親心を見せてくれたあの飛び出し防止棒的な機能がMASADAにも付いてるわけで、両方折れたら困るよなーって思いますたぶん( ˘ω˘ )

さて、GHK CO2マガジンを手に入れて、M16A2はOリングをぶっち切られるし、MASADAは替えのきかないガイド棒が折られるし、、、ってパワーソースを増やしたくない思いの破戒がモノの破壊につながる連鎖なんなのこれ(゚ω゚)(?)
CO2の凄さはなんとなくわかりましたけど、フロンにはなかった得体の知らない力が作用しているような、ちょっぴり怖いンゴ*॰ْ✧ً⋆。˚٩(´͈౪`͈٩)⋆。˚*ْ✧ं॰*

でもねそれ以上にWA系が元気でおもしろいのです=͟͟͞͞٩(๑☉ᴗ☉)੭ु⁾⁾

|Д´)ノ ジャ、マタ

広告

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。