投稿者 kashiyuko | 2019年3月3日

AOSHIMA / 陽炎・雪風 – 完工セリ(っ´ω`c)♪

スマホのデジカメはガンガン進化していますけどやはり光学機器、雨の日の暗めのお部屋ではピンボケ気味になるのは致し方ないボケボケおじさんkashiyukoですどうも( ˘ω˘ )

今年は鉄砲スイッチが入らないってことあるごとに書いていますけど代わりにスイッチが入ってしまったのが船プラモ、あんがい楽しいんですぅヾ( ‘ω‘ )ノ゙
ということで2月11日の日記で手にかけた甲型駆逐艦 陽炎と雪風の続きですっていうか前回始まって今日で終わりなんですけど⊂(^ω^ )⊃

金剛・比叡のときと同様に機銃の取り付けが細かくってめんどくさくってみたいな感じで後回しになっています。
残り機銃の取り付けまでは先週末までに済んでいたので、めんどくささに重い腰を上げるまでに一週間かかってしまったことになります。

やるか( ‘ω’)!

今回の休憩銃はFNCです、なんか昨日の朝からFNCの気分なんです、機銃を取り付けるだけだから休憩はないんですけどここしばらくの船プラ日記の折には鉄砲が中休み(中弛み)の折に登場しているので恒例としてです。

FNCは(・∀・)イイ!っていうのは事あるごとに書いていますので特に触れることもないんですけど。。

アサヒのFNCはグリップの握り心地がそこはかとなく(・∀・)イイ!
(っ´ω`c).。oO(・・・って思いますよ♪

機銃くっつけたった⊂(^ω^ )⊃
ついでにゲート跡も塗ったった⊂(^ω^ )⊃

そうですね、金剛・比叡は手をつけてから形になるまで2-3年かかったんですけど、陽炎・雪風は手をつけてから3週間でした。
その3週間も毎日必死こいてたわけでもなく、ほぼ形になる先週までに日々5分10分作業でしたので正味の工数は2-3時間なのだと思われます。
駆逐艦(・∀・)イイ!

(積んでいた)昔のキットの戦艦なんかの大型艦は部品割りが箱割りだったりして大味な感じなんですけど、駆逐艦クラスの小型艦だと部品割りも層割りになっていたりして、どちらかといえばデテールについては大型艦よりいい感じなんじゃないかなって思うのです、ちっこいけどね(ˆᴗˆ)
それに甲板とかの面積が広い分だけ間延びした印象を以下に抑えるかとか悩んじゃって袋小路に入ってしまったりしがちな大型艦に比べたら狭いところにいろいろ盛っているので間延びした印象を持つ暇すらない駆逐艦、お手頃(ㅅ´ ˘ `)

いつだったか「積みプラは罪か」と考えた節がありましたけど、そのとき以来kashiyukoの中での何かの踏ん切りがつきまして。。
次は何にしようかな、空母( ‘ω’)?巡洋艦?駆逐艦( ‘ω’)?
1月下旬からこっち毎日の日課みたいになっているのでこのモチベを続けていったほうが消化にいいんじゃないかなって思うのです(*´ω`*)

夕方まで悩んで(見比べて)みようシュッ( ‘-‘ ≡ ‘-‘ )シュッ

|Д´)ノ ジャ、マタ

広告

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。