投稿者 kashiyuko | 2019年5月4日

GW 10DAYS SPL 8th Day – M16 Carbine特集#5 – JAC / Colt M653風 Colt M16A1 CARBINE GWも終盤だらだら紹介しつつの増し〆ヾ( ‘ω’)ノ゙

休みも多すぎるなと思ってはいたものの、案の定休みが終わることが現実的になってきたので(´・ω・`)ショボーンしているkashiyukoです、どうもおはようございます。
今回はGWの主ネタであるJACのM16A1 CARBINE GBBRです。

M725と同じクオリティのM653が手に入って案外ご満悦のkashiyukoさんガイル(っ´ω`c)♪
ちょっと前までM6xx系にはあんまり興味がなかったのですけど、なんなんですかねこれ(っ´ω`c)♪

とゆうことで今回は体験型鑑賞トイガンとしてこれから先生きのこるために必須の初期メンテナンスをしつつ少しだけインプレッツゴー٩( ‘ω’ )و

JACの化石GBBRなんぞ手を加えてどうなるものかなんですけど、バレルがガタガタしてるとかそういった観賞用に不要な要素は取り払っておきたいですね。
先般箱出しした折にガタツキ確認をしたところバレルなのかフロントサイトなのか探求はしていないですけどちょいロール方向にカタツキがあるのでそれを解消することにします。

BVのほうはさすがに今更なんですけど、GBBRのほうはなかなか広く出回らないA1/A2として多少の難に甘んじられるおじさん勢にとってはまあまあ良いものだと思います、形状再現とかアクション性とか。

刻印はCOLTのお馬さんとM16A1、、、なんですけどセレクタはSAFE/FIREのコマーシャル、、、が混在とか今目線で言えばクズ再現のゴミカスです。
だがKG9にM16の象徴的な部分(キャリハン、ストック、ハンドガード)をくっつけた謎の”俺だけのM16″が割りと幅を利かせていた頃を生き抜いた昭和レトロおじさんにとっては刻印が( ‘ω’)?であったとしてもJAC M16は圧倒的リアルなカテゴリーに十分入ってしまいます。
ハンマー、トリガー、FAシアのピンのモールドだってもっと本気で刻んでおけよ、、、と( ˘ω˘ )

JACの最期の反抗の決戦兵器フルメタルレシーバーあったと思えばこのくらいの多少の難なんて(´;ω;`)ブワッ

今じゃ誰も気にしないであろうウィンタートリガーにもできる逸材、それがJAC M16。

ガスブロエンジンは真鍮コンニチハですがWEの真鍮コンニチハとは全く別の駆動方式でしてM16の皮を被ったMGC GLOCK17です。
あんなに巨大なバッファスプリングを入れておきながらパワーアップもしていないようなそれこそ大でも小でもないMGC GLOCK17と同じアクションが楽しめます、マジヤバイ( ‘ω’)!

JACでもBVと違って一般的なGBBRのARみたいにテイクダウンができるのもJAC M16 GBBRのいいところです、ですのでBVにはさすがにもう手を出せませんがGBBRのほうでしたらまあまあそこそこまだイケます。

バレル周りの増し〆をするにあたってハンドガードを外します。
電動前世代のBBエアソフ(今や)黎明期のトイガンですがそれほど破綻がないあたりで今でもJACが大好き(ㅅ´ ˘ `)♡

ハンドガードを外してカタカタチェックをするとFサイトはちゃんと止まっていてバレルの根元に緩みがあるようでした、あとでここのネジを締めます。
今回はこの先二度と解体しなくても鑑賞に耐えられるようにしておきたいっていう目的もあります。

フロントサイトを外すに当たってスリングスイベルを外してしまいます。
GBBRのフロントサイトの固定ピンはダミーですので触れないでおきますがなおBVのほうは普通に固定ピンになっているのでJAC BV16分解の参考になしないで勝手に分解してください。(なげやり

スイベルの上に隠れイモネジがありますのでここを緩めます。

ってやるとだいたいフロント周りのパーツがごっぞりはずれるようになります。

バレルのベース部とレシーバの固定ネジも増し〆しておこうっていうのがここまで剥いた目的でした。

ここだけはトルクスねじなので*なLレンチなりドライバで〆る必要があります。
増し〆してみましたけどここはほとんど緩んでいませんでした。

GBBRのバレルとバレルのベース部分はネジ接合ですのでバレルをギッチギチに〆込んでからちょっと上でバレルの固定ネジと紹介したネジを締めます。

いいかんじ(っ´ω`c)♪

ここらへんね。。
ちょっと上の画像で今時ではありえないパーツ構成パーツ割りにワロス勢もいらっしゃると思いますが、JACがARをリリースした頃のライバル(コクサイ・MGC・LS・マルイ)はもっと惨憺たる再現具合ってゆうかなんかそんな感じであったことを思い出せば、解体して遊べるトイガンの最先鋒はJACのARでした、JACの直前作L1A1ですら中身を楽しむつくりではなかったことを思えばエアソフトの遊び方のレヴォリューション革命を起こしたのはJACなんですちがいないです、そうゆう経緯もあってJAC大好き(ㅅ´ ˘ `)♡

で、話を戻してフロントサイトの固定ですが、前記のとおりイモネジ固定”だけ”ですので位置決めの溝とかはありませんので。。

ハンドガードを嵌めて(個人的に)いい感じの位置でFサイトを固定します。

ハンドガード以外ガタガタしなくなりました。

アッパー周りの増し〆終わったんごヾ( ‘ω‘ )ノ゙

ロア周りはガタツキとか緩みもないんですけども。

グリップの取り付け位置決めが微妙で隙間からあなたの知らない世界が見えそうだったので取り付けなおしておきました。

な、いろいろありえない世界が垣間見えるJAC 16なんですけど、この構図だとやっぱりコイツもガスブロの片割れなんだなーって実感できます(๑•̀ㅂ•́)و✧ナイス

ピボットピンを差し込んで、

テイクダウンピンを思う存分挿れます。
kashiyuko氏、案外JAC BV16はディスり気味ですけど、それはBVは前から後ろにスライド組み立てっていうのがちょっとねえ( ˘ω˘ )っておもっていましてもはやいまや、しかたないす。

A1シリーズも良いね、このところのARの方向性について行けなくなったら懐古するのも良いね。
=͟͟͞͞( ∩’-‘⊂( ∩’-‘⊂( ∩’-‘⊂ )∩’-‘⊂ )∩’-‘⊂ )=͟͟͞͞シュワッ

あとはだらだら遊びます。

イイ(・∀・)ンゴ!

JACネ申(ˆᴗˆ)

サインはV(+1)

キャリハン連盟チームヾ( ‘ω‘ )ノ゙

WEよりJACが好きな理由、わかってくれるじゃろ(゚ω゚)(?)

Fサイトポストはラウンド。
ラウンドしゅっしゅ((⊂(`ω´∩) (∩`ω´)⊃)) ラウンドしゅっしゅ

JAC怠りなし。


 

部品割りがアレなせいでジャキーン音は今時のGBBRより派手気味、ジャキンごっこ捗る⊂(^ω^ )⊃

つまるところJACは神で神はJAC、もはや化石GBBRなのは承知している異論はツイッターじゃなく心の中で呟いて欲しい。

冷戦時代では思いつかないはARの進化。。

GHKさんだったらマガジンはあるしM4も経験済みだしSR-47出してくれても僕困らないのになー( ˘ω˘ )って妄想思っています。
※(๑´・_・`๑).。oO(GBBRだらけで遊んでいる中に電池マシーンを混ぜたことには後悔している。。

そろそろ終わるkashiyukoのGW,2019をまとめて読んでみたいリンク置いときます。

|Д´)ノ ジャ、マタ

広告

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。