投稿者 kashiyuko | 2019年9月7日

DELL OptiPlex 990 USFF – PIONEER BDR-TD05 BD-RWドライブ搭載した٩(´͈౪`͈٩)

またまたごぶさたしておりましたkashiyukoですどうも。
今日はねデルパソコンのお話にします、てゆうかそんな感じの週末の始まりだったのです。

わりと早い時間に届いた今日のAMAZON、箱の中はパイオニアのBDRドライブでした、まあなんかちょっと理由があって欲しくなったみたい(ˆᴗˆ)

AMAZONのレビューを読んでいるとベゼルなしだったとかいったレビューもありましたが、届いたBDRはベゼルつきでした一安心ほっ( ;´ω`)=3
物はノートパソコンとかスリムデスクトップに使われているようなドライブです、厚みは12.7mmのほう。

早速取り付けてみましょうってことでOptiPlex 990 USFFの蓋板を外します。

DVDドライブとSSDからSATA関連のケーブルを抜いてドライブユニットのサブフレームを取り外します。

DVDドライブの取り付けマウントのロックを解除してっと。

ドライブマウントごとサブフレームの前方にスライドしてDVDドライブが外せました。

DVDドライブのマウントは凸(ポッチ)ロックなのでパーツ端っこを浮かせれば外せちゃいます。

てゆうことでDVDドライブがBDドライブに交換されたOptiPlex 990 USFF、思いのほか簡単作業すぎですね。
専用のマウントとかをデザインしたりするのってわりとコストがかかってるナイス設計なんですけど、そのコストをリカバるほどに簡単にドライブが外せたり取り付けられたりっていうデルの大きさっぷりが体感できたように思いました( ˘ω˘ )
デルやるじゃん(๑˃̵ᴗ˂̵)و

OptiPlex 990 USFFのフロントパネルの工学ドライブ枠に対してBDドライブのベゼルがちょっと小さめなので隙間大きめ、、、埃の吸気口になりそうです(´・_・`)

電源を入れてWindows7()が立ち上がるとちゃんと認識されましたよかった。

さてDVDで十分おじさんなのでいかんせんBDドライブは持っていなかったんですけど、近頃はDVDを買うともれなくBlu-rayもついてくることがあるのでそんな中から適当に見繕ってきた「なんちゃって家族」を観てみようと思います。
わりと好きな映画のフェイバリットーズのなかの一本です。

・・・メディアプレーヤじゃ再生できないのか(´・ω・`)ショボーンヌ

とりまBDの映画が観たくてドライブを買ったわけじゃないのでこのへんはいいのです、DVDで十分おじさんですしまる

PowerDVDがついてきたのはこのためだったんですねってゆうかPowerDVDってまだあったのか、20年前にDVDを見るのに使っていましたテラタツカシスねぇ(ㅅ´ ˘ `)

はおいといて\\\└(‘ω’)┘////

ちょっと前にこんな内容の通知が届いたのでDB-Rさえあれば勝つるんじゃないかっていうのが今回のBD-RWドライブ手配の事の発端でした。

ドライブの取り付けが思いのほか短時間で手間かからずだったので、そのままチューナーの録画番組をBDに移そうとしたら。。。

なんだこれ(ꐦ°д°)
著作権を保護しようっていうお気持はわかるんですけど、じゃあお金を払ってる消費者側の立場ってサクッとカットされちゃいますよね、気持ちとして著作権を保護するのは大事だって理解しますが著作権ビジネスはあまりに勝手すぎるんじゃないかと思う節もあり好きにはなれません(๑´・_・`๑)
BD-RWドライブが無駄な買い物だったのは結構どうでもよくって、ハードウェアとして壊れたならともかく業界側の都合で録画した番組が観れなくなるってことに呆然しています。

(๑•̆૩•̆)

|Д´)ノ ジャ、マタ

広告

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。