投稿者 kashiyuko | 2020年1月13日

NEC PC-9821V200M7 Model D2 “青札” VALUE STAR – ケーブルが邪魔だからWiFiにぶら下げてやるおっおっおっ⊂(^ω^ )⊃

こんにちはkashiyukoです、僕はすっかりパソコンブロガー()ですから今回はまたPC-9821V200M7 Model D2のお話になります。
去年のうちに片付けておきたかったねたのひとつだったんですが、昨日の静音化とあわせてあーだこーだと進められなかった構想だったわけです。

僕はA-Mate派です( ‘ω’)!
9801から9821になってAシリーズが登場したときこそすごい変化があったですよね。
今になって思えば主戦場のビジネスPCとしては過剰な装備が充実していましたが、いざホビーユースとしてみたら革命的進化があったので惚れました(ㅅ´ ˘ `)♡
そんで2代目が出て”これは٩(๑❛ʚ❛๑)۶”って感じて3年ローンで買ってしまったのがAs2でした。
ローン購入っていうこともありましたけど素性がいいPCでしたので今の感覚からすると長く使えました、結果的に。
DirectXとかが一般的になるまではそこそこ使えちゃいましたからね(๑•̀ㅂ•́)و✧

ところでAs2と一緒にリリースされたB-Mate、、、業務用にはB-Mateで十分ですがちょっとどうなのかなって印象しかなく、PCの低価格化に併せてX-MateだのValueStarだのなんだかA好きとしてはコストにしか振ってないB-Mateの流れ的な印象がありましてkashiyukoの中での98はA-Mateの終焉に併せて終わりました。
・・・なのですが気になる98、9821Xvなんかは物凄く気になっていたんです。

Xvよかったですよね、チップセットはIntelだったしPC/AT系の流行を取り入れた98って感じで良かったですよね、”X”を冠していましたがAの後継ぎにちょうどいいなって欲しくなっちゃっていました当時。

でもkashiyukoの最後の98になったのは超カッコイイXvじゃなくてクッソダサいValueStarのブランドを冠したV200(ˆᴗˆ)

Xvはそれはそれで魅力的だったのは確かですが、V200のほうはXvにはない魅力がありまして、MMX PentiumとかUSBがついてるとかSD-RAMが載るとかなんとかXvかV200のどっちかなんですけどV200のほうが安かったということもありV200を選んでしまいました。

XvもV200もPCIスロットは3本載っていて拡張性は同等かと思いきや。。

V200は抜いちゃダメカードが刺さっていますのでPCIは実質2本しか使えません。

抜いちゃダメカードのMatrox Mystiqueも物は悪くないんですけど、搭載VRAMが1MBという当時としてももう少し載せてくれてもいいんじゃないかっていう感じで少し残念です。
このカードのVRAMが2MBとか4MBあればビデオカードはMystiqueで妥協してPCIを別の用途に使えるんですけど、さすがにこのカードでのWinの解像度とか色数は無理がありましてビデオカードの追加は必須要件となってしまいます、、、がゆえにUSBの存在が効いてきます。

すごいね、主要なチップが全部Made in JAPAN、もう未来永劫こんな光景を見ることはないでしょう。。

閑話休題
話は今回の元の流れに戻りましてV200にはイーサネットのポートなどはついていないのでUSBのイーサネットアダプタをつないで使っています、案外昔から。

USB1.0が12Mbpsしか出ないのに100Mbpsの回線速度に繋がる夢のようなボトルネックが存在します。
でもまあこれがあったおかげでV200がインターネット時代においても使えていてくれたので感謝の想いしかございません。

で、今回手配したアイテムがこちら、VONETSのWiFi リピータ/ブリッジ製品。
これさえあれば勝つる(๑•̀ㅂ•́)و✧・・・はず。
メルコ(バッファローだけど気持ち的にはメルコなので。。)からも同じようなRJ45コネクタをWiFiに変換する製品がありますが物理的な接続の観点でこっちにしちゃいました、Amazonで2500円ぐらいでした中華っぽいですけど。

スペックは9821V200とかUSB1.0に対して完全にオーバースペックですだがそれがいい(っ´ω`c)♪

色はVONETSなせいかバイオレットでけっこうかなりいい感じ(ㅅ´ ˘ `)

中華って可愛げがあって憎めないですよね~(ˆᴗˆ)

小さいマニュアル的な小冊子が着いていますけど基本的に書いてあることは”ブラウザから本機にアクセスして設定してね。”までしか書いてありません。

ちょっとペラペラ眺めていて気がつきました、俺はV200がWiFiで繋がって‹‹\(´ω` )/›› ‹‹\(  ´)/›› ‹‹\( ´ω`)/››ってなってる表層的なことしか頭にありませんでした、むしろそこに行き着くまでの設定とかナントカ糞面倒な作業があるじゃないかと、、、しかも相手はWindowsOSとかMacOSではなくガジェット内蔵のアプリです、ブラウザ経由でしかいじれないという困難が待ち受けているんじゃないかと◟( ˘•ω•˘ )◞
てのも僕はWiFiルータはMACアドレス縛り運用をしていますが、ipconfigでMACアドレスが見れないような機器だととたんに壁にぶち当たります。

とりまやってみますか⊂(^ω^ )⊃

まあまあちょっとしたPC側LAN設定の変更はありましたがすぐに設定画面は出せたんですけど。。

ここまでが土曜日の朝のお話、ここですんなり繋がらないとかありまして当初10-20分作業を想定していたのですが小一時間かかっても繋がらず放置していました。

     ・

     ・

     ・

     ・

     ・

WiFiに繋がった絵。

土曜日の放置したときの”めんどくせっ○ス”な気持ちも治まりましたので作業を再開しました。
熱くなった”めんどくせ”な気持ちも去り冷静にどこらへんに課題があるのかを考える余裕ができましたのでまあどうにかなりました。
一時的にWiFiルータ側のMACアドレス縛りを解除するなどこのWiFiブリッジとPCの設定以外もいじらざるを得なくなったとか面倒だったんですけど、まあ結果٩(•̤̀ᵕ•̤́๑)ᵒᵏ

Cバススロットのスペースが空いているのでLAN機器はケースに内蔵します、デスクトップ機なので電線と映像線はなくせませんがネットワークは有線のクッソ邪魔さがなくなります無線内臓デスクトップPC-9821です、もはや台所でも窓際でもお風呂場でもどこにでも持っていくことができてネットにも繋がるモバイルデスクトップの完成です()‹‹\(´ω` )/›› ‹‹\(  ´)/›› ‹‹\( ´ω`)/››

一応アンテナ部分というか今回のVONETS WiFiブリッジ機器は金属製ケースの外に取り付けます、紙テープで。
配線も邪魔なUSB LANアダプタを内装した結果すごくスッキリしました、俺の中で。

電源スイッチ、オーーーーーーーーン
▒▒▓█▇▅▂∩( ✧Д✧)∩▂▅▇█▓▒▒

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!
尚、VONETS WiFiブリッジ機器の設定はV200のブラウザでは対応困難でしたので、普段WiFi運用でLANポートを使っていないiMacのWindows7で実施しました。

WiFi化したPC-9821V200M7 D2からブラウジングしてみましたってゆうかIEが古すぎてたいていのサイトでは撥ねられてしまいますが、IEの生みの親Microsoftの息のかかったMSNは今でもそれなりにちゃんとアクセスできました(ˆᴗˆ)

ブラウザでインターネットが見れたのでまあ当然なのですがネットワークへの接続に問題はありません。

気になるベンチマークもしてみます、P5世代のCPUに430VXチップセットの組み合わせなので今時数値とはかけ離れますが、基準は他所のマシンじゃなくV200の中でどうなのかっていう引きこもりニートにはもってこいの基準です。

まずは自己完結ベンチ、自分自身にベンチを発行してネットワークコントローラあたりどのくらいイケそうかを計ります。
まあこんな感じで16-7Mbps、USB1.0経由でおかしくねって気もしますがあまり気にしなくていいレガシーPCですから( ˘ω˘ )

有線LANだった時の家庭内エロ画像倉庫鯖()へのアクセス速度は3-4Mbpsです。
一応鯖は大昔にIntel PRO/1000 PT Dual Port Server Adapterを導入してチーミング2Gbpsを確保していますので鯖側の遅さではなくV200側の遅さでしかありません。

そんでWiFiブリッジにネットワークを変更した結果何も変わらず3-4Mbpsを発揮していますので中華製WiFiブリッジ製品ですがこれといった難はないようです。

Amazonとかを見ればわかりますが中華製WiFiブリッジ製品はUSB接続なんですけど、USBはパワーサプライとしての接続だけですのでWiFi化後もUSBの論理接続に変化はありません、まあそうですよね。

NEC PC-9821V200M7 Model D2、USBがついていてくれるおかげでお世辞にも現役機スペックではありませんが、HW機能的には今時パソコンに勝るとも劣らないんじゃないですかね遅いだけで( ˙꒳​˙ )?

(゚∀三゚三∀゚) ウホー!
NEC PC-9821クッソ楽しいシュッ(ΦωΦ=(ΦωΦ)=ΦωΦ)シュッ
てゆうかもはや98にウィンドーズなんて必要ないですわ✌(‘ω’✌ )三✌(‘ω’)✌三( ✌’ω’)✌

でもGVRAMを使うSWもウィンドウモードのDosで動くってすごいねぇ、Win3.1の頃にはなかなかできなかったことがサクッとできています٩(•౪• ٩)

ということで何が冒頭と締めが本ネタと関係なくなってしまいましたがPC-9821をWiFi接続化したよっていうお話でした。

98でやりたいって思っていたのはだいたいこれで片付いちゃったかなっていう一抹の寂しさもありますが。。。

|Д´)ノ ジャ、マタ


カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。