投稿者 kashiyuko | 2020年2月16日

VFC / Knight’s Armament Company M110 SASS – 初代SR-25 GBBRのMk11と見比べてみた(ΦωΦ=(ΦωΦ)=ΦωΦ)

最近というかこの5年から10年ぐらいの主の傾向として、ブログネタを消化しないと遊べないっていう。。
ブログのために買っているんじゃなくって遊びたいから買っているのにブログの存在が邪魔で遊ぶに遊べないっていう。。
このM110だって届いてから一週間経ちますがまだ動作確認のGBBすらしていないって(´・_・`)

・・・とゆうことでどうもこんにちはkashiyukoです\(^▽^)/

今日はね、M110を箱から出して眺めていたときに割とMk11と微妙に違う点あるんじゃな(゚ω゚)(?)、てあたりをちゃちゃっと見届けたっていうお話です。

Mk11とM110、レールだアンビだっていう違いなんかは読んでいる皆さんのほうが詳しいでしょうし、M110がトイガン化されてからだって10年ぐらい経っていますから今更ですねってことです。
なのでM110を箱出しした際になんだか気になったVFC Mk11 GBBRとどのあたりが違っているのかな違っているところがあるのか辺りを見てみたいです。

まず箱出ししたよっていうブログを書いた折に気になった重さあたりを確認してみたいです。

なおレールパネルとかバイポッドアダプタを装着してしまっていますので純粋な箱出しのM110からは微妙に重くなっているはずですが、Mk11のほうもほぼ同程度のデコレをしていますからkashiyuko的には問題なしってことです、箱出し純粋な重さは他所で調べるか買って量ってみてくださいねっ(ˆᴗˆ)

Mk11はこんな感じで。

M110はこんな感じでした。

箱出ししたときにM110のほうが重いなって感じたのは気分の問題ではなく実際に重いみたいです。
kashiyukoはポンコツおじさんですがノパソの重さ違いとかスマホの重さ違いがちょっと気になることもあったりするので、おそらくVFC M110オーナーの皆さまも重く感じていることでしょうまる

まあよくよく考えてみればシンプルなMk11のA2ストックに対してギミック風味多めのM110ストック、、、のが重いよね、とか。

フラッシュハイダー分重いよね、とか。

細かい部品単位の重さまで量る気はありませんが、まあ妥当に重いのであると思います(ˆᴗˆ)

あとこれもまた箱出しした際に、Mk11とM110でSAFE位置でのトリガーの遊び量がだいぶ違うの何で( ˙꒳​˙ )?って書いた件ですが。

材質チェックをしていて思い出しました、M110では材質も形状も違うセフティレバーを起こしていますので、その違いがトリガーの遊び量の違いになっていただけですね。
ちょっと前までWA系のAR GBBRをよくいじっていた頃でしたら”あるある”だったんですけど、WA系が趣味としては終わっていなくても商売としてはオワコンになって久しく、それに伴いWA系のパーツを換えるっていうこともだいぶやっていないのですっかり忘れていました(ˆᴗˆ)

ストックは2ポジ引き出したあたりがだいたいMk11と同じでした、Mk11と同じ感覚が欲しい場合にオススメポジションです。

初テイクダウンのための初テイクダウンピン叩きヾ( ‘ω‘ )ノ゙
割り箸とか楊枝を使えば塗装へのダメージは少なそうですが、多少のヤレ感が欲しいと思っていますので金属ツールを躊躇なく使うkashiyukoです。

Mk11のほうは指で押すだけでスッポンではない程度になんとなく抜けてくれるんです、うちの子は(ˆᴗˆ)
なのでMk11のほうは分解傷はつきにくいいい奴です、うちの子は(ˆᴗˆ)

【祝】はじめてのテイクダウン\(^▽^)/

ついでに上下メタルなTAN色レシーバも初めてなので少し気を使いましたぁ(っ´ω`c)♪

トリガー、ハンマー、ボルトキャッチはスチール製でしたので安心仕様っぽい。

ナントカウェッジはM110では非装備でしたがミリなMk11とかM110に装備しているかどうかは実際知らんので案外どうでもいいです、Mk11はプレミアモデルっぽかったっていうこともありますし。

組み付け状態でM110のバネ鳴りが気になったのでスプリングが違うのかなとも思いましたが素人目に違いはありませんでした、長さとか太さとか。

バッファの重さも同じでした。

続きましてボルトキャリアというかGBBRエンジン周り。

これも箱出しして眺めた際にノズルの飛び出し量がぜんぜん違うんだなーって気になっていたところなので見ておきたいと思います、チェキ(ΦωΦ=(ΦωΦ)=ΦωΦ)チェキ

ノズルが違うのかなといの一番に確認したのはこの刻印。

上:Mk11、下:M110。
SR-25専用パーツになったのかなと期待しましたが3年前のSR-25同様にHK417/SR25の刻印がしっかり入っていました、ただ刻印位置がM110のほうは多少左寄りになっています。
ロット差なのか別のものかは僕にはわからんです(´・_・`)

ボルトキャリアは案外どころか別物になっていました。

上:Mk11、下:M110。
ハンマーを確実に下ろすメカ的なものがMk11にはついていましたが、M110のほうはそれがなくなって替わりに凸形状の出っ張りがボルトキャリアの動く量分ついています。
どっちがいいのか抵抗量とか動作の確実性とか、でもなんとなくMk11のほうがコストがかかっていた感は感じられます。
(っ´ω`c).。oO(動けばどっちでもいいても思いますけど♪

上:Mk11、下:M110。
MK11のほうはウェイト的な(?)何かが詰まっていますが、M110では(たぶん)省略。

Mk11のエンジン周り総重量。

M110のエンジン周り総重量。

い、以外にM110のボルトキャリアは重くなっていたンゴヾ( ‘ω‘ )ノ゙
まあまあの経済大国日本の経済成長が2%逝くかどうかって逝ってるときにおよそ50㌘でざっと25%の重量アップすげえ!

尚、この画像の時点でまだGBB指していないので効果の程は不明す⊂(^ω^ )⊃

ボルトキャリアの先っちょにはボルトキャッチの当たる部分にスチールパーツ組み込み強化が標準仕様なのはMk11もM110も一緒でした。

さっきは気がつかなかったですけどノズルのガスルートに壁ができていたりと、ノズル自体はHK417とかMk11がリリースされた頃とは違うものになっていますのね( ˘ω˘ )
まだGBBさしていないn効果のh(ry

M110のほうは透明なグリスがぎちょぎちょぬちょぬちょです、てことでボルトキャリアが汚れる汚れる、Mk11のほうもたまにしか触らないとはいえこの3年ボルトキャリアなんぞ拝んだこともなかったので当たり出しの金属粒子が混じったようなオイルで汚れる汚れる、このボルトキャリアチェック作業は正直やって後悔しています、汚れオイル・グリスもエタノールではダメでシンナーで拭き取るとかそこまで面倒なことするとは思っていなかったです(´・_・`)

ちなここの幅とかのサイズが結構違っていますのでMk11とM110の混ぜこぜカスタムは要加工みたいです。
需要はあんまりないでしょうし、僕自身もモノは試しで確認しておこうと思っただけなんですけどしゅっ( ‘ω‘ =( ‘ω‘ )= ‘ω‘ )しゅっ

とゆうことで組み立ててから3年前のMk11のマガジンでM110のGBBを試してみました。

GBBっぷりは、、、Mk11と変わらんな( ˘ω˘ )
いい意味(強さとか動きの確実さ)でも悪い意味(悪いとこないし)でもボルトキャリア形状が違っていた程のGBBの違いは感じられなかったです、GBBR素人のkashiyukoですどうぞよろしく( ‘ω’)!
うん、M110のボルトの戻りが少し速いような気がしたような気もしますけどきっと錯覚レベルの違いかもしれないです。

で、ポートカバーを閉じたままGBBさせてしまって凹むkashiyukoおじさん!||i|!_| ̄|○!||i|!○| ̄|_!||i|!
Mk11の時に何か気付きがあったはずではございますが、、、ハゲで底辺でデブで昭和なおじさんなのですっかり気に留めているほど覚えていませんでしたーーーー◟( ˘•ω•˘ )◞

(っ´ω`c).。oO(もう傷物だガンガン遊んじゃおう♪

昨日ボタンが押しづらいっとか書きましたけどGBBRとしては本領発揮し尽くしている印象はあるので、まあいいんじゃないでしょうか、けっして安い買い物ではありませんがここ最近のGBBRとしては飛び出て高額ってこともないですし、RARE SR-25みたいなギミックに盛大盛った分だけ何かを捨てているってこともありませんし、SR-25系GBBRとしては好きなら買ってもいいんじゃないって感じでした、マストバイとまではさすがの辺境ブロガー()俺っちでも書けないですけど(ˆᴗˆ)

まあそうゆうことで。。。

|Д´)ノ ジャ、マタ


カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。