今日はタムタム行ってきた。
朝一番はちょっと勢いありすぎる感が見透かされそうだから朝一.五番ぐらいに行ってきた。

もちろんお目当ての品は東京マルインコの89式小銃GBBRワショヾ( ‘ω‘ )ノ゙ーイ
数日前にツイッタの千葉タムタムの入荷ツイートに27日(昨日)極少入荷って書いてありましてね。

なくてもいい、極少だったら昨日のうちに売り切れていてもいい、、、でもあったら買っちゃお(ㅅ´ ˘ `)・・・ぐらいの気持ちでタムタムに向かいました。
この銃に関してはなんとなく欲しい物欲ウェーブと関係なくマストバイですし、マルイ製ということで早く買っても遅く買ってもお値段の差はなさそうですし、いつかは買うので今買うかあとで買うかの違いしかないなとか。

あ、僕が行った時間にはショーケースの展示品じゃなくて倉庫部屋から出してきてくれましたよ、89式小銃GBBR。

89式小銃だけは想いとしてどうしてもタムタム店頭で買いたかった。

89式小銃自体は電動89式小銃のリプレイス目的買いなので新しいナニかはあんまりないのかなっていう思いはあるにはあるんですけど、タムタムに入荷したのであれば( ‘ω’)!
そう、電動89式小銃の発売当時の2006年の7月、、、当時はSNSなんてありませんでしたから2ちゃんねるで89式が出回ってるとカキコがあったその日にあるのかどうか半分賭けで会社帰りにタムタムに行ったらあってウキウキしながらタクシーで帰るという今では想像もつかないアクティブさだったなぁ、、、と( ˘ω˘ )
そして折り曲げ銃床のほうもタムタムで買ったりとか。

89式小銃のトイガンっていうと妙に千葉タムタムと縁があり思い出があり、それだったら89式小銃GBBRもタムタムに入ったら買いに行こうと心の内に秘めていました。

今朝出かける前までは台風も来てるし次回でいいかなーって電動89式小銃を眺めていたらハンドガードの下あたりの角度がゾクゾク来ちゃいまして、あったら買おうって勇んでお出かけしました(ˆᴗˆ)

とりまあるなら欲しいのでプラモコーナーの1/350酒匂に心惹かれたりするもののトイガンコーナーに直行アンド店員さんに89式ガスブロありますかの声かけ。
1/350の酒匂をもう少し眺めていたら(買いそうで)危なかったのでファストインファストアウト作戦はまあまあ功を奏したと思います。

当時はキャロッパチしかなかったときからすると凄まじく素晴らしい出来栄えだった電動ガン89式小銃。
先日GBBRがリリースされるまではこれを超えるものもありませんでしたからあそこがもう少しこうだったらここがこうだったらとかいう欲望は尽きないもののこの12年のあいだ最高の89式小銃トイガンポジションにあったわけですが、、、もはや(´・ω・`)

|Д´)ノ ジャ、マタ

広告

いつも大変お世話になっておりますkashiyukoです。
ここのところ暑い日が続いておりましたぁ(;´Д`)
物置部屋なんかはそれこそ灼熱地獄ルームに成り果てておりまして、廊下部分との仕切りドアを一歩入るだけですごく暑い間になっています。。
こ、これは、、、Σ(゚∀゚!

そう、昨年の年末に去年はトイガンハズレ年だったとある意味において自棄買いしたMGCキャスピアン。
某山中社長がキャスピアン動かないってゆってたし、他所でもいい評判は聞かないけどどうなんだかな( ‘ω’)?
まさかそこまでひどくないだろう、見た目最強にカッコイイし、、、と年末を締めくくるフィナーレに御誂え向きだと思って勇んで買ってみたですけど(ˆᴗˆ)

・・・まともには動かなかったーヾ( ‘ω‘ )ノ゙

が、今年は暑い、そして暑い部屋に貯蔵してあるMGCキャスピアンはもはや本体自体が生暖かい。

気化圧に負けてマガジンいかれてないかな( ‘ω’)!?
マガジンが壊れてないかチェックついでに夏場のキャスピアンの調子がどんなものなのか体感できるといいな。

トリガーを引いてみた。

ビシッビシッビシッビシッヾ( ‘ω‘ )ノ゙
おおっ(ˆᴗˆ)
科学的に検証したわけじゃないですけどたぶんKSCのS&W M945シリーズより強めな感じのブローバック体感(kashiyuko比べ)
そりゃWAガバの足元にも及ばないですしマルイとかシス7以降のKSCとすら比べるべくもないGBBっぷりではありますが、それでも軽いながらも回転自体は快調に動いています。

(っ´ω`c).。oO(この子は寒さに弱いだけで素性はそこそこいい子なの♪
冬場の「ぽみゅ、ぽみゅ、ぽみゅぶゅわぁぁぁぁーーーー」みたいなこりゃダメだろ感とは見違えるほど段違いです。
さすがにWAガバと一緒に遊んだらあんまり面白味はないでしょうけど、これ単体で遊んでいる分にはそこそこ楽しめますね、夏限定で(ˆᴗˆ)

見た目はオモチャ屋上がりのメーカーとは違ってモデルガンメーカーなりの仕上がりを持っていますので少し無敵です(ㅅ´ ˘ `)♡
BB弾を射出することに頓着していないけどお部屋でトイガン(;´Д`)ハァハァしたい志向にはもってこい間違いなしなのです\(^▽^)/

夏のMGCキャスピアンの本気はトータルで結構なものでした。

|Д´)ノ ジャ、マタ

暑いですね~(;´Д`)
・・・と猛暑・酷暑っぽいですけど、平日日中は仕事場に篭っていますし、休日はお部屋に篭っていますし、わりかし騒がれている暑さを体感していないkashiyukoでございます、どうもお久しぶりですヾ( ‘ω‘ )ノ゙

ということで今朝はそれなりに暑いなか郊外のホムセンに行って資材調達をしてまいりました。

今回のお題はタナカワークス製九九式小銃でございます。

ちょっと(けっこう)前の長物モデルガンといったらなんとなくですけど入り口としてCMC モーゼル98K、98Kよりもっと何かを欲しくなったらタナカの旧軍銃みたいな流れがあったと勝手に思っています。
(っ´ω`c).。oO(98Kのがメジャーっぽいし、わりかし流通も豊富だったし、何より雑誌の広告に一番大きな写真で目立っていましたからね♪

で、98Kのあとにタナカの旧軍銃の手を出してみると。。
(´・ω・`).。oO(あれ軽くね?
98Kはギッシリズッシリ感があり「これぞSMG規格のモデルガン、SPGのプラプラとは格が違う」満足感を味わえるんですけど、タナカ旧軍銃はSMG規格ではあるもののなんか軽い。
言葉をもう少し選ばないなら、
(´・ω・`).。oO(なんだこのスカスカ?

そのスカスカ感がモデルガンであるにしろなんとなく日本軍弱そうイメージになって返ってきます(´・_・`)

で、近年でいったらエアソフトとしてモシンナガンがリリースされたのは記憶に新しい6-7年前のことだったと思います。
これがまた金属部品はフルスチールというトイガンファンを狂喜乱舞させる材質構成でありまして、、、それなりの重量を稼いでいます。

(タナカ旧軍銃は)モデルガンなのに(モシンナガンの)エアソフトよりも遙かに軽い・・・なんか残念(๑´・_・`๑)
そんな思いをずっと抱いてはいたんですけど、なかなかコレぞ!っていう機会がないまま何年も、何年も、な、な、な、何年も経ちました。

(っ´ω`c).。oO(重さ以外の魅力もありますから、まあ♪

先日ホムセンにいった折に素材コーナーをプラプラしていましてね。
金属棒を眺めていて、
Σ(゚∀゚ コレダ!

近づきたいじゃろ(゚ω゚)(?)
リアル材質とか、リアルサイズとか、リアル重さとか、まあいろいろ。
許される範囲で近づきたいじゃろ(゚ω゚)(?)

先日ホムセンで発見した折にはどのφがちょうどいいのか未確認でしたのでとりまかわずに帰宅、今朝は九九式短小銃のバレルの内φを測ってからお出かけしました。
それで買ってきたのが8mmφのステンレス棒。

九九式小銃モデルガンのバレルはすっぽ抜けなので、所要の分解はバレルをグリグリして抜くだけです。

昇華したガンマニア()は穴を開ける方向性で一線を越えたりしますけど、ただのトイガンファンなkashiyukoのことですからむしろ穴を埋める方向で、、、ということでちょうどいい長さあたりにしるしをつけて。

カットヾ( ‘ω‘ )ノ゙
カットヾ( ‘ω‘ )ノ゙

出来上がりんご(っ´ω`c)♪
重さを増やしたいっていう欲求の追及だから見た目は何にも変化しないぞー(ˆᴗˆ)
※ブログ的には見た目の変化がないから面白みが少ないらしい。

う~ん、もう少し期待していたんですけど。。

先日ホムセンで金属棒を発見したときには「結構重いじゃんΣ(゚∀゚!」と感じていたんですけど、今日ホムセンに行ったらスペックが書いてありまして1mでも数百グラムしかないんですね。
カットせざるをえないのにフルサイズで数百グラムか、、、効果あるのか( ‘ω’)?、と少々やっぱり止めようかなとも思いましたが、
近づきた~いヾ( ‘ω‘ )ノ゙

“ちかづいた”のか( ‘ω’)!?
結果元の3kgからおおよそ10%アップの3.4kgになりました。
九九式小銃をウィキると4.1kgのようですので実銃よりは一割強もしくは二割弱軽いことになりますが鉄の塊と亜鉛の塊の分どうしても近づけない領域なのでそこは涙を飲むしかないのかな、と。゚(´つω・`。)゚。
ちなモシンナガンは実が4kgに対して-10%の3.6kgですから、比率的にはそこそこモシンナガンのエアソフトに近づいて、負けてる感は解消気味になったかもしれません(ˆᴗˆ)

少し重くなった九九式小銃、(・∀・)イイネ!
元の3kgの頃と比べると重くなったとはいえ重量バランスは前荷重になりましたので違和感があるといえばありますが、本来バレルが重くて然るべきところが然るべく重くなったので、気持ち的には今のほうがより実の重量配分に近いんじゃね(゚ω゚)(?)ということにして日々慣れて生きたいなって思います(っ´ω`c)♪

九九式短小銃とか九七式狙撃銃とか二式とか、他の旧軍銃共も重くしてやりたいので余計に金属棒は確保してきました。

|Д´)ノ ジャ、マタ

はいどうもごぶさたしておりましたンゴなkashiyukoです。
今回はRARE ARMS SR-762ことKAC SR-25 ECCの本体のほうをサラり眺めていきたいなって思います。

そうそう、もうkashiyukoブログの古くからの親愛なる読者の皆様だったらうすうす気がついていると思いますが、高額だからとか大人気のV○Cだからとか、あんまりそういうの関係なくただただ思ったことを書くことになります。
あえてディスりたいからブログにあげるわけでもないのですが、、、まあそれがインプレの醍醐味じゃろ(゚ω゚)(?)
太鼓持ち・・・してもいいけど袖の下とかないんだったら自分に素直にやっていきたいじゃろ(゚ω゚)(?)
なので気分を害する前に超優良ポータルミリブロで楽しいひと時をどうぞ( ˘ω˘ )ノシ

それでもつきあってくれるみんな、ありがとね~(*’∀’人)
kashiyuko感謝の舞‹‹\(´ω` )/›› ‹‹\(  ´)/›› ‹‹\( ´ω`)/››

と、事前エクスキューズはこれくらいにしてさっさと本題に参りましょう⊂(^ω^ )⊃
今回のネタを流し見(!)するにあたっては↓のユーチューブを観ていることを前提に書いていきます。
観ていない方にはチンプンカンプンかもしれませんよ、っと。


 

※ダウンロードしてメディアプレイヤで1.5~2倍速で観たほうがいいかもね。。

とゆうことでうちの子になったKAC SR-25 ECCが寝転がっているので眺めてみます。

先っちょ。
比較対象も脳内”こうだったら”妄想もないのでイイもワルイもないかんじです、はい。

Fハイダーはスチールであとはアウターバレルとかガスブロックはアルミニュウムっぽいです。
ユーチューブのXR-25みたいに正ネジでした。

ナイツのカタログぐらいしか予備知識になかったのでサイトのことは後付けしか考えていなかったらついてました、ナイツっぽいのが。
まあ、まあ、あるよね!って感じです、、、が( ‘ω’)!?

取り付けネジがピカピカテカテカの六角_(:3 」∠)_ポテッ
物凄い勢いで安っぽさを演出しています、せめてマイナスネジだったらなぁ、、、と思ったよ(´・_・`)

URX、俗にいうUpper Receiver Extensionなのでハンドガードというよりはアッパーレシーバの拡張です。
まあわりとどうでもいいと思いつつ書いてます(ˆᴗˆ)

レールがオミットされた部分が細くてわりといいやつです。

フォントがなんか微妙かなーって思いますがたぶん気のせいでしょう、本物見たことないし(っ´ω`c)♪

ナイツの刻印もあるお( ‘ω’)!・・・ってよーく見るとキングタぁぁM( ‘ω’)?キントア~ム( ‘ω’)?

Σ(゚∀゚!

キン\(^▽^)/ターマ

※今からでも遅くないのでミリブロに逃げてぇ(´・ω・`)

RARE ARMSの中の人、ナイツアーマメント()に遠慮しすぎワロスヽ(*´ω`*)ノ
ユーチューブを見返すとXR-25もキンタマ刻印ですね、あぁ。。。
大人の社会って厳しいなぁ、大人になりたくないなぁ◟( ˘•ω•˘ )◞

ちょっとしたことはスルーして。

ここはとても気になっていました、ガスチューブの処理。
某大人気メーカーのVFC SR-25みたいな自己主張の強いネジ、、、はないだろうがいったいどんな処理がなされているのか。
ユーチューバーはなんだかんだいっても分解して見せてくれませんでしたからポチるまで届くまで箱出しするまで心配な点を確認するまでとてもヤキモキしていました。

だってガスチューブのど真ん中をポップ調整ネジ穴があるんですから。。

ガスチューブあったヾ(*´∀`*)ノ゙
構造は妄想と違ってたけどガスチューブあったヾ(*´∀`*)ノ゙

こうなってくるとVFC SR-25の悪魔のような悪夢がぁぁぁ( `Д´)!
( ˘ω˘ ).。oO(今になって思えば最近のHK416ver2がゲームユースに振ってきているあたりの前ぶりだったんかもですね。

つうか、それをGBBR初物のSR-25でやるなよ⊂( ・∀・) 彡☆)`Д´)ボコッ

レシーバーセクションです。

SR-25系ではアンビ操作系初体験(っ´ω`c)♪
SR-15/16とあんまり代わり映えしないけど、ARESのM110が電動だからと諦めた過去があるので結構嬉しい(ˆᴗˆ)

こっちもついてるよ(っ´ω`c)♪
XR-25のときはボルトリリースまでは付けてくれていなかったみたいですが、SR-25 ECCはフル装備です、フルファンクションです、(・∀・)イイ!
レシーバーがアレなのですけどマグキャッチボタンも萎える六角ネジ止めじゃなくってぜんぜん不満がない感じ。

セレクターもアンビ。
ここもSR-25 ECCを手に取るまでかなりの不安ポイントでした。

ユーチューブで予習をしていると、この取り付けネジってダミーっぽく見えるじゃないですか、実際ダミーっぽいんですけど。。
ついでにRARE ARMSのファイアリングメカってオリジナルデザインなのはユーチューブを見ての通りなんですけど。。

アンビのセレクターってどういう構造で取り付けてんだべ( ‘ω’)?
もしかして電動ガンのアンビセレクターにありがちなギア連動なのかな( ‘ω’)?
ギア連動って左右が一応連動なだけでわりかし左右ラグありのガッタガタで気分的にはあんまりいい気分じゃないよな(´・_・`)?
そんなんだったら嫌だなあ。。。(´・ω・`)

左右きっちり同軸でくっついていて、ガチ連動でアンビセレクターが再現されていましたヾ(*´∀`*)ノ゙ヤッター
どんなファイアリングメカなのかこの目で見てはいないんですけど、コックアンドロックも再現されています。

不安ポイントがひとつづつ解消されていくので箱出し観察していてとても気分いいでした(*´ω`*)

ユーチューブでもやっていたけど被りネタで材質チェック。
操作系なんかのパーツはフルスチール、JP版だからと材質変更みたいなことはないみたいです。

反対側も。
矢印のところは外装としては何もないところですが、内部のスチールパーツに引き寄せられて磁石がくっつきます。
まだ中身ウォッチはしていないですけどユーチューブのEURO版同様に中身も鉄のままの仕様のようです。

で、外装内装のパーツがことごとくスチールってことはですよ、RARE ARMSが今後どのくらい伸びるかわかんないですけど、亜鉛のパーツが折れたけどメーカーのが先になくなっていたお。゚(´つω・`。)゚。・・・とかいう事態が起こりにくいんじゃないかなって思いました。
WAはまだしも海のものとも山のものともつかなかったころのWEとかVFCなんかはアフターメンテがどうなのか不安で不安で仕方がなかったですよね昔は。
今これだけWEだのVFCだのが躍進しているのはなんだかんだでモノがあるっていう継続性があるからだと思うんですよ、なんなら部品取りにもう一挺買えばいいとかなんとか。
繰り返しになりますが、RARE ARMSの将来はわからんけど、確約はないけど、割と長持ちしてくれる一挺なんじゃないかな印象があります。

これはSR-25というキャラクター上なくってもよかったんじゃないかなSAFE-SEMI-AUTOの刻印。
しかもフルオートシアピンはモールドするの忘れちゃいましたテヘペロな感じもあります(ˆᴗˆ)

初RARE ARMSなのでRARE ARMSのトイガン界における立ち位置とかターゲットは知らないのですが、まあだいたいこんなところの立ち位置なのだなと。
_人人人人人人人人人_
>  圧倒的リアル!! <
 ̄Y^Y^Y^ Y^Y^Y^Y^ ̄
\\\ (งꐦ☉д☉)ง ////
動画なんかで中の人がリアルさを売りにしているのは見たことがなくて、「(ˆᴗˆ).。oO(カート飛ぶよ、わりとちゃんと♪」ぐらいの面白そうだからやってみた的なゆるい感じを感じるので、そうなのかなって思います。
むしろXR-25にはないフルオートでコンバットカービンを存分に楽しめという見えない(見える)メッセージなのかもしれません、全部kashiyukoの妄想ワロリンヌ(ˆᴗˆ)

リアサイトはね、ナイツ300mタイプのものです相変わらず。
ネジはキラテカの六角です、相変わらず。
SR-25のキャラクターからするとせめてマイクロじゃなくても600mタイプのリアサイトを載せてほしかったのがkashiyukoの気持ちなんですけど、、、往々にしてみんなだいたいこんなF/Rサイト取っ払うじゃろ(゚ω゚)(?)
ディスクレームでついているのだと思えばコレで十分です、はい。

ストック、、、よくわからない。
一言いうなら取り外しにくいやつだ。

バットエンドは純ラバーではないが少し軟らかいような感触ですた。

マガジン、20連のマガジン、とてもカッコイイ(*´ω`*)
SR-25 ECCですけど、XR-25と同じ15連マガジンだったらたぶんここまで気持ちが揺れ動くことはなかったですし、かなりの確率でポチらなかったです。
RA XR-25はVFCのSR-25と同じような時期にリリースされていましたが、なんとなく欲しいSR-25と違うというところがあって目もくれませんでしたけど今作SR-25 ECCは「何か違う(´・_・`)」要素があんまりなくって、マガジンって大事だな~( ˘ω˘ )

スチールプレスの憎い奴(๑˃̵ᴗ˂̵)و

マガジンだけなら発火系モデルガンと同じですから、これだけでゴハン三杯は、、、いけないね( ˘ω˘ )
とてもいい感じのマガジンです。

・・・と届いたRARE ARMS SR-25 ECCをサラッと眺めてみました。
初RARE ARMSとか初SHELL EJECTING GBBRとか、何を軸にインプレしたらいいのかまだわかりません。

ただポチる時に「( ˘ω˘ ).。oO(いろいろアレだし7万円分の満足があればとりあえずいいか。。」と期待はあんまり膨らませないことにしていたんです。

だがΣ(゚∀゚!

ハードルを下げていた以上にエクストリームハイジャンプ、超カコ(・∀・)イイ!

眺めてみた感想をいいます。

才色兼備はまだまだ難しい、、、ね(´・_・`)
今回は冒頭に書いたとおりサラりインプレですので割とゆるめ、追って別の機会でデブりんこウォッチとかしなきゃいけないんですけど、RARE ARMS SR-25 ECCはパッケージングとしては牧場・・・じゃなくて極上٩(๑❛ʚ❛๑)۶(少し盛ってます)
ネガティブ要素のほうが強すぎて「なんだかな~(´・_・`)」ってなる未来も半分くらい想定していたんですけど、今のところ想像以上にいいっていうのが箱出ししてみたインプレッションです。
そりゃね初PRIMEとか初VIPERとか初GHK AKのときみたいな「すげえ(° ꈊ °)✧˖°オホッ!」ってまではまだ感じていないんですけど、RARE ARMS SR-25 ECCは必ずや別の宇宙につながっている一挺に違いありません(゚∀三゚三∀゚) ウホー!
たぶんね。。=͟͟͞͞(๑•̀=͟͟͞͞(๑•̀д•́=͟͟͞͞(๑•̀д•́๑)=͟͟͞͞(๑•̀д•́

みんなも89式でお財布の紐が緩んだついでにRA SR-762も逝っちゃおう((((・ิ(・ิω(・ิω・ิ)ω・ิ)・ิ))))・・・のkashiyukoメッセージで今回は〆ようとしたけどフォースターのSR-762ってもう売り切れてんのね、みんな金持ってんな~(;´༎ຶД༎ຶ`)
あ、僕は地味ぃに生活削ってのこの有様ですからリッチマン(まんさん)勢とは一緒に別枠にしてくださいねくれぐれも。
今日も素麺とお豆腐(´;ω;`)ブワッ

続きはあとでね‹‹\(´ω` )/›› ‹‹\(  ´)/›› ‹‹\( ´ω`)/››

|Д´)ノ ジャ、マタ

夜になっちゃいましたね、こんばんはkashiyukoです。
てゆうか週末が終わるお(´;ω;`)ブワッ

今日はお昼寝が捗った(๑´・_・`๑)
お日様の陽射しとエアコンの冷たい風の鬩ぎあいが絶妙にいいかんじのポジションでゴロゴロしていたら寝落ち->目覚めて二度寝->三度寝->何度寝?->日が暮れてエアコンが勝利して寒くて起きる->ブログ書いてるなう(夜)( ‘ω’)!

お昼寝する前から今日やっておきたいことがありましたので、夕方に目覚めたときにやっておきました。
RA SR-25 ECCのデコレ٩( ‘ω’ )و
・・・といいますのも最近のブログのペースからすると次のネタの仕込みは来週末になるんでしょうたぶん。
それまでRA SR-25 ECCを裸(箱出し)のままで置いておくことになってしまいます。
(´・_・`).。oO(そんなにがまんできないだろ。。
かといってブログネタを一回分捨てるのはもったいないじゃろ(゚ω゚)(?)

こんな感じ、いたって普通。
ええ、このkashiyuko(の中の人)は飾り付けのセンスが一億㌫持ちあわせていないことを自覚していますしレール器材とかあんまり知らないので、ナイツアーマメント()のカタログなんかを教科書代わりにデコるぐらいがちょうどいい、流行り廃りにもあんまり影響されないですし、2012年ごろなんていう昔のスタイリングですし、何よりセンスが問われない気持ちの楽さとか失敗のない安直さヾ(*´∀`*)ノ゙

ほっそりンゴ(っ´ω`c)♪
・・・で、ここで安心しきってまたお昼寝に戻ったんだった( ˘ω˘ )スヤァ

ここ毎回書いているとおり今回のRA SR-25はなにからどう手にかけていいのかよくわかんないので順番とかとっちらかりますが、やってみたいことからやる流れでしばらくブログのネタ要員として活躍して欲しいな感はあります。
実はまだダストカバーを閉めたこともないんだΣ(゚∀゚

|Д´)ノ ジャ、マタ

« Newer Posts - Older Posts »

カテゴリー