午前中に届きました。
まさかこんなに寒くて雨降りになるとは思っていなかったので配達を週末土曜日の午前中に集中させて注文したのですが、正直配達員さんには悪天候の中すまなかったなと。。◟( ˘•ω•˘ )◞

それは置いといて、今回は少し古めのThinkPadのSSDを交換するお話になります。

ThinkPad X1 Carbon 3rdのストレージベンチ。

ThinkPad X250のストレージベンチ。

体感には全く判らないですしもはや誤差程度の数値の違いでしかないような気もしますが、なんだかX1のほうが若干遅いのが気に食わない|,,-_-)


ThinkPad X1 Carbon 3rdのCPU-Z。


ThinkPad X250のCPU-Z。

なんとなく買ってもいいかなって思える製品世代とお値段のマッチングから見てくれは違うもののスペック的にはほぼほぼ同じようなものになっています。

スペックが同じなのにいつの時代もフラッグシップのX1、方やちょっと前の日記でかっこ悪いと使い勝手の割に見た目があんまりだなって思っているX250、それなのになんだかX1のほうが若干遅いのが気に食わない|,,-_-)

あとね、ThinkPad X1 Carbon 3rdのSSD交換を以前構想したことがあってうまくいかなかったんですけど、やっぱり前オーナーの扱いがどうだったのかが未知なためにこの”推定余寿命”のゲージが減っているのもなんだか気に食わないんです、はい|,,-_-)
とゆうことで、むしろX280主体でしか使っていないのでX1 Carbon 3rdとかX250は死蔵してもいいのですが、X280の充電中の宅内モバイルとして時折使いますし、前回X1 Carbon 3rdのバッテリーを交換した流れとか勢いっていうものもありますので、その勢いを減ずる間が空かないうちにSSDをポチってみました。
なおIntelのSSDツールで統一運用したいのでX250のほうは何の不満もありませんが置換したい( ˙꒳​˙ )!

はいどっちももはや高速ストレージとしては旧世代規格になりつつあるSATAのSSDです、選択肢も狭まりつつあるように思えますので推しメーカーの製品が手に入るうちに交換しておきたいです( ‘ω’)!

X250のほうはコピーでもよかったのですがX1 Carbonのほうはクリーンセットアップをしていなかったこともあり、この機にクリーンセットアップです。

今回初めてUSBからOSセットアップをしてみたのですが、DVDに比べたらすごく静かだしそのうえ速いしだし、もっと早くUSBセットアップを経験しておくべきでした( ˘ω˘ )

SSD交換&OSクリーンインスコ後のThinkPad X1 Carbon 3rdのストレージベンチ。

SSD交換&OSクリーンインスコ後のThinkPad X250のストレージベンチ。

X1が7勝1敗みたいな感じなので結果X1の勝ちってことでいいことにします、体感には全く優劣の差はないですけどこういうのって気持ちの問題がほとんどですからたぶんヾ( ‘ω‘ )ノ゙
もしかするとただ部品を交換してみたかっただけっていうこともありますしヾ( ‘ω‘ )ノ゙

“推定余寿命”問題がクリアになったのはマジよかったと思います しゅっ( ‘ω‘ =( ‘ω‘ )= ‘ω‘ )しゅっ

|Д´)ノ ジャ、マタ

今月も恒例のこのシリーズを書くときがやってきました。

【お給料日になったからF1のミニカー買ったったwwwヾ(*´∀`*)ノ゙】

とはいうものの恒例と書きつつ二回目で、そして今回で終わるので恒例でもなんでもなかったんですけどねヾ(´д`)ノ゜

先月超カッコイイと思っているトロロッソミニカー日記の最後の最後でピンク色のミニカーが欲しいって書いていましたので順当にピンク色のミニカーが届きました(っ´ω`c)♪
すごく速いとかスポンサーがでかいとか世界最強の人気を誇るとかそういった噂わあいにく知らないので、こんなピンク色のミニカーって出てるのかよって思うほどでしたが割とあった( ‘ω’)!

F1はよくわかっていないですけどこのピンク色って目立ちますよね。
強そうなカラーリングの車の中でこのゆる~い感じのピンク色って目立ちますよね。
速いのか凄いのかぜんぜん解かっていないですけど、印象に残りやすいのは確かです(ˆᴗˆ)


あっさり抜かれているのですが。。


ボコられているようですが。。


だがなんだかカッコイイじゃろ(゚ω゚)(?)

カッコイイは正義しゅっ( ‘ω‘ =( ‘ω‘ )= ‘ω‘ )しゅっ
kashiyukoみたいなF1素人にチームなりマシンを記憶に残しやすいピンク色が映えていますね(ㅅ´ ˘ `)

PC9800全盛期にお世話になった想い出しかないNECさんがスポンサーしているっていうのもkashiyuko的にポイント高いですし( ˙꒳​˙ )!

チュキチュキチュキチュキー*॰ْ✧ً⋆。˚٩(´͈౪`͈٩)⋆。˚*ْ✧ं॰*
ピンク色の優しい感じ、好き(ㅅ´ ˘ `)♡

|Д´)ノ ジャ、マタ

曇り空でお日様も当たらず寒いですkashiyukoですこんにちは。
今日はね!ストーブ買ったっていうお話ですヾ( ‘ω‘ )ノ゙ワーイ

先週末電気屋さんに見に行ったんですよ。
昔のロードサイド大型電気店は店員のつきまといがウザったい感じでしたけど、最近は少子化とか人件費削減とかの関係なのか店員さんがすっごく少ないですね。。
店員さんが近くにいたら最安ではなくても買ってしまおうっていうつもりでしたけど店員さんがいない(๑´・_・`๑)
大型店なので米粒のように小さく見える遥か彼方の店員を呼びにいくほどの気力はない、店員が通りかからないかなと興味ありげな雰囲気を醸し出しつつカタログまで読んでいたのに店員はいない、そんな間にスマホでAmazonを見ていたら数千円Amazonのほうが安いのであれば、、、もはや店員のいない電気屋に何の意味があるのかと( ˙꒳​˙ )?

Amazonでポチって僕ちゃんの都合のいい時間に俺んちに届きましたっと。

20年ぐらい前までは灯油ストーブを使っていたんですけど、灯油を買いに行くのがめんどくさい、灯油の補給がめんどくさい、電気ならいつでも気兼ねなくいくらでもスイッチオンだけで暖房、、、の手軽さに電気暖房に移行しました。
だがさ、電気暖房って弱くね(゚ω゚)(?)

電熱タイプだと真横にいないとぜんぜん暖かくないし、それも体の表面が暖かいだけで芯から暖まるには程遠かったです。
エアコンのほうはっていうと何時間経っても薄ら寒いし、それに特に寒いときに限って霜取りモードに入って止まったりとか、なんだかとても快適とは程遠い。。
確かに外から戻ったときなんかはエアコンが効いている感はありますけど、ずっと部屋にいるときはいつまで経っても寒いなーって思うわけです。

実家は灯油ストーブ暖房でして、この数年「灯油ストーブってすげえ( ‘ω’)!」って思うことしきりになってしまいまして、今年こそってストーブ買っちゃいましたヾ( ‘ω‘ )ノ゙ワーイ

凄いスペッコ=͟͟͞͞( ∩’-‘⊂( ∩’-‘⊂( ∩’-‘⊂ )∩’-‘⊂ )∩’-‘⊂ )=͟͟͞͞シュワッ
先週電気屋さんで店員待ちの時間はクソほどありましたのでライバルメーカーD社のスペックと見比べていたらコロナのほうの数値があからさまにいいわけです、実際にどうなのかは判りませんけどストーブで体が温まったとしても懐まで暖まるわけじゃないのでもはやコロナ一択でした(ˆᴗˆ)

開ける、でかいホチキスなんて何十年ぶりで見たわ、昔はみかん箱でもりんご箱でもでかいホチキスで見慣れていましたけど、懐かしみしかないですまる

わりとちっこい、サイズ感は先週電気屋で確認済み、(・∀・)イイ!!サイズ感。

これが!
これが”よごれま栓”キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!

期待していいのかどうかはまだ不明。。

このツマミを引くっぽい( ‘ω’)?

開きました、取説を呼んでいないおじさんでもちゃんとできました、確かにグルグル式蓋のような必須で油まみれということにはならなさそうな雰囲気を醸し出しています、たぶん。

給油口は案外小さい、かも。(kashiyuko印象比)

電線は普通に細いタイプです、コタツとかPCの電線みたいに太くて踏みつけた際に足が痛いっていうこともなさそうです。

で、早速ではございますが今朝は寒いっていうこともありますので、灯油を入れてみた。
“よごれま栓”っていうのは本当に汚れませんだった、こいつはすげえシュッ(ΦωΦ=(ΦωΦ)=ΦωΦ)シュッ
昔使っていたネジ式の栓では油ギトギトになるのも灯油ストーブのめんどくささで電気暖房に移行したきっかけのひとつでしたけどこれはちょっと画期的ってゆうか灯油ストーブのめんどくさい印象が一掃されます(ㅅ´ ˘ `)♡

通電してみた、初期設定はこんな感じ。

あ、ルーバーは固定式っていうか安いモデルだからそうなんですかねたぶん。
サーキュレータとの併用がいいかもしれません。

着火ンゴ⊂(^ω^ )⊃
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
すげえ暖ったけえ∑(゚∀゚)!
電気縛りをしていた自分はなんだったのか、灯油はめんどくさいと避けていた自分はなんだったのか、電気暖房に切り替えてからの20年はなんだったのか、、、としか思えない暖かさ(・∀・)コレダ!!

暖ったけーと思いながら大切なことが書いていないかと取説に目を通しますがまあペラペラ捲っただけで終わりました、まあ俺っちみたいなエキスパートにはたいした意味はない紙でしたまる

10分ぐらい後、もはやこんな感じ(° ꈊ °)✧˖°オホッ!
6時ごろからつけていたエアコンでの暖房室温はちょっと上の通電したときの14度のままぜんぜん変っていなかったんですけど、10分で結果を出すコロナっていうか灯油ストーブ凄げえ\\\└(‘ω’)┘////

この位置の温度なんて冬場にこんな数値見たことがないっていうくらい、僕の中での異常事態が発生しているンゴ=͟͟͞͞(๑•̀=͟͟͞͞(๑•̀д•́=͟͟͞͞(๑•̀д•́๑)=͟͟͞͞(๑•̀д•́

しばらくして見てみたら物凄く熱そうに赤くなってるし(っ´ω`c)♪

やっぱり何かを燃やすって凄い( ‘ω’)!
何かを燃やしてお湯を沸かして電気に変えて遠くまで送電してその電気をまた熱に変えるとか、アボガド( ‘ω’)!、いやアホかと( ‘ω’)!
灯油が運べない地理環境ならいざ知らず~ってゆうか灯油暖房無敵じゃないですかー((((・ิ(・ิω(・ิω・ิ)ω・ิ)・ิ))))
昨日までのkashiyukoとは違います✌(‘ω’✌ )三✌(‘ω’)✌三( ✌’ω’)✌

(パクリ画像)

おねいさんも快適そうなコロナストーブを絶賛おススメします( ‘ω’)!
しちゃいます( ‘ω’)!

|Д´)ノ ジャ、マタ

一週間まるまる雨でしたが今日はいい天気ヾ( ‘ω‘ )ノ゙

こんにちはkashiyukoです。
ここのところというか今年は全般的にパソコンの波が来ているので、今回もパソコン日記になりますかつてない(何が?)ThinkPadで。

Amazonで届きましたでござ(っ´ω`c)ルンッ♪

タイトルでネタバレしているとはいえ、こんな感じなのでタイトルがああじゃなければもうちっと謎めき展開ができたはず。

マニアにはこのラベルですぐにわかるかもしれませんがたいてい何かわからないですよね、僕にもわかりませんけど買った本人だから中は何なのか判っています。

ThinkPad用のオプション品ってゆうかサドパ製品になります。

中華製とはいえ少し前ほどの極端な中華風な感じはだんだん感じない21世紀ですので「中華」という昭和おじさんの色眼鏡が泣ければわりかし普通ですたぶん。

日本語でokな感じの紙が入っていますけど、たぶん注意書きです。
今回はそれほど値段に違いも無いこともあり、ちょっとヤキモキしかねない中国発送ではなくPrimeナンチャラの国内在庫発送のほうにしてみました。

ばってら(っ´ω`c)♪
ばってり(っ´ω`c)♪
ばってる(っ´ω`c)♪
ばってれ(っ´ω`c)♪
ばってろ(っ´ω`c)♪

まあこんな感じでノパソのパーツなんて純正品を純正価格で買わざるを得ない時代はとうにすぎ、主要独自規格のバッテリーですら納得価格でサドパから提供されるようになりました、まあ純正もサドパもどっちも中華なのでチャイナボカン確率はどうなんですかね( ˙꒳​˙ )?
チャイナボカンしたときには改めてにっきにしますよって( ‘ω’)!

難易度低めの蓋を開け~の、

チャキチャキ交換が終わってしまい、あまりにも落とし穴的山場とか強敵現る的なドラゴンボール展開もなく時間もかからずブロガー的にはオモシロ味もなかったとかなんとか、、、でも波風立たない人生もアリじゃろ(゚ω゚)(?)

旧バッテリーのLenovo VANTAGE。
バッテリー自体は何年も前の中古とはいえそこそこ生きておりまして、宅内モバイルをする分には「足りない!」といった不満は全くございません、これはいい中古X1( ‘ω’)!

ただ先週ご紹介したX280のほぼ新品並み整備品をいざ使い始めてみると、なんだかバッテリーの減り方が早いなーって(´・_・`)
ぜんぜん不満はないんですけど、X1 Carbonを可愛がるにはちょうどいいアイテムなんじゃないかなーって(っ´ω`c)♪
みんなだってきっと飼ってるイッヌとかネッコに過剰にオヤツとか与えちゃうじゃろ(゚ω゚)(?)、、、そんな感じですたぶん。

交換したバッテリーのLenovo VANTAGE初期値はこんな感じでした。

明細はこんな感じ、充電回数とかでないのか(´・ω・`)ショボーンっていう気持になる中華。゚(´つω・`。)゚。
正しいのか判らんのですが製造日はわりかし昔です、てゆうかこのX1 Carbonが現役時代だった頃の製造っぽいです。

今回はLenovo VANTAGEの例の機能をOFFにして100%充電してみました。

100%充電するとこんな感じになります、数値的にはこうですが実際の使用感はまだまだ未知です。

あと100%充電をしたらサイクルカウントが現れた ほっ( ;´ω`)=3
さっきは本気でやっちまった感があったので心底ほっとしていますのだーヾ( ‘ω‘ )ノ゙

ほんで100%充電できることがわかったので最後にLenovo VANTAGEの「バッテリー充電のしきい値」機能をONに戻します。

wikiの「リチウムイオン二次電池」の項を読んでいると
(引用始め)
長持ちさせるために留意すると良い点を記す。
  ・
  ・
  ・
放電深度(DoD; Depth of Discharge)を低くする。例えば、完全放電(0%)と完全充電(100%)とのように使用するのではなく、25%から75%の間で使用する。ただし、ときどき完全放電と満充電のサイクルを行い、バッテリーの容量を制御回路に記憶させる。
(引用終わり)
とか書いてあるじゃないですか、バッテリーが寿命を迎えたときのがっかり感はそれなりに会得していますからバッテリーは労わりたいのですが何が正解かはわからないままにkashiyukoおじさんになってしまいました。
wikiにこう書いてあってLenovo VANTAGEに100%まで充電しない機能が備わっているのであれば、それはたぶん100%充電しないほうがいい、、、そう信じるkashiyukoでございます。

Lenovo VANTAGEいいよな =͟͟͞͞( ∩’-‘⊂( ∩’-‘⊂( ∩’-‘⊂ )∩’-‘⊂ )∩’-‘⊂ )=͟͟͞͞シュワッ
Lenovoと一言で言ってもLenovoの血筋とIBMの血筋がありますから、ThinkPadとはそういうものなのですレ(・∀・)人(・∀・)ノーボ

そういうことでよろしく(何を?)。

|Д´)ノ ジャ、マタ

はいどうもおはようございますkashiyukoです、昨日からの雨っ降りでとたんに寒くなってしまいましたっていうことで今シーズン初暖房を入れてのブログ書きをし始めましたが灯油ストーブが欲しい(´・_・`)
ということで前回はThinkPad X280が届いた節でしたから今回は超イケてるThinkPad X280ご紹介のターンです。

ThinkPad X280の超注目すべき目玉は見た目がウェッジ形状になったスタイル、ここにビビビっって来たThinkPad好きは結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。
僕もそんなひとり(ˆᴗˆ)

X280がどれだけいいものかっていうのは先行レビューサイト様にていろいろ書かれておりますので、ネタ被りはあんまり気にせずに今回は従来型Xシリーズとの比べを軸にX280がどれだけいいものかを切々と書いていきたい気持ちでいっぱいなんですけど、結果を先に纏めるとΣ(´Д`エッ?「X280はX2xx系ファンならマストバイでラストバイヾ( ‘ω‘ )ノ゙」です。

先ほど書きましたウェッジ形状になったケースに触れないわけにはいきませんってゆうかここがMAX最大のX280のカッコイイポイントですから(๑•̀ㅂ•́)و✧

X280の下に敷かれたX250の画。
なんですかこう従来のX2xxは薄型弁当箱形状でビジネスに使えることには拘るけど見てくれには拘り成分が少なめな、いい意味でも悪い意味でも”IBMらしさ”が漂っていました、マジこれかっこ悪いんですけどThinkPadの使いやすさの前にはかっこよさはプライオリティ低めですからまあいいんですけどかっこ悪かったよね。゚(´つω・`。)゚。

上からX1 Carbon(旧)、X280、X250、、、もはやX250(従来型X2xx)のかっこ悪さだけが引き立っています◟( ˘•ω•˘ )◞
MacBook Airの登場からUltrabook等々近年はスタイリッシュなノパソが世間を席巻しておりますが、未だにクッソかっこ悪い弁当箱スタイルだったX2xxがようやっとスタイリッシュなノパソに近づきました(っ´ω`c)♪

X250もX280も占有面積はほとんど一緒です、X2xxシリーズですから。

左:X250、右:X280。
ぶ厚みを感じていたX2xxに比べると数値以上に薄く見えます(部分的なウェッジ形状による誤解含む)。

左:X250、右:X280。
本体部分だけでこれだけ段差ができるほど薄くなったとか、X2xxシリーズとして連番だからThinkPad追っかけ勢でないとスルーされてしまいそうですが、液晶サイズが同じなだけでフェイスリフトではなくブランニューであることがまざまざと発揮されています*॰ْ✧ً⋆。˚٩(´͈౪`͈٩)⋆。˚*ْ✧ं॰*

左:旧X1 Carbon、右:X280。
そんでも旧X1 Carbonよりもまだまだ厚いってゆうかX1 Carbonシリーズがどれだけ凄げえかってゆうフラッグシップ冥利を感じます。

左:旧X1 Carbon、右:X280。
最厚部は旧X1 CarbonとX280がほぼ同じ厚みですが完全ウェッジ形状のX1 Carbonとまやかし気味のウェッジ形状っぽいX280では徐々に差が出てきてしまいますっていうのが手前ほど段差ができてしまうところあたりで判ります。
とわいえまやかしウェッジだったとしても従来X2xxは120%超越したうえでのフラッグシップX1 Carbonに及ばないっていう位置づけは落としどころとしてまあまあ仕方が無いところかもしれません。

さっきまでセカンダリ愛機だったX250は。。

もはや巨大なVGA端子が付いていたり。。

薄型化にとって難関な有線LANポートを搭載していたり。。

HDMI対応のプロジェクタに統一できずにいる企業、セキュリティに有り余る予算をかけられずWiFi化が図れず有線LANを使い続ける企業、、、そういった事情に生暖かく対応してきたのが従来型X2xxシリーズなんですがさすがに売れ線の限界に達したんじゃないでしょうかかっこ悪いし( ‘ω’)!

なんならスタンドなしで立て置きもできるし( ‘ω’)!

メリットなのか( ‘ω’)?
いやいやいやいやただの箱です( ‘ω’)!
パソコンであること以外の付加価値が無い箱です( ‘ω’)!

世界はかっこよさを求めている\\\└(‘ω’)┘////

X280はっていうと。

いちばん巨大なコネクタがHDMIっていう、レガシーを泣きながら切り捨てて~の今時風なインターフェイスとなりましたので薄くなった、良くなった、実際(・∀・)イイ!!し!
会社ユースならいざ知らず個人ユースだったらマシン生涯で一度使うかどうかのVGAもワイヤードLANも要らんわな実際使わないしシュッ(ΦωΦ=(ΦωΦ)=ΦωΦ)シュッ
そのぶん薄くてウェッジ風でとても良くなった‹‹\(´ω` )/›› ‹‹\(  ´)/›› ‹‹\( ´ω`)/››

あと今回kashiyukoのチョイスとしてはFHDじゃなくてHD解像度にしました。
詳細なレビューサイトによると重さはFHDじゃないとあんまり軽くはないっぽいので期待はしていなかったのですが、ですが( ˙꒳​˙ )?

X250:ぶっちゃけずっしりきます、サイズがコンパクトなだけに比重として重くずっしりしすぎます。

旧X1 Carbon:今時のスペックからすると数値的には全然軽くは無いですが重いとは感じませんで14インチクラスの比重として軽く感じています。

X280:HD液晶モデルなのでさっき書いたとおり期待はなかったのですがカルカッタはインドの都市ですがX280の重さは軽かったヾ(*´∀`*)ノ゙ワーイ

各ノパソの数値としての重量は把握しておらず体感としての重さしか気にしておりませんでしたので軽く感じるX1 Carbonよりも重いかもしれないという懸念がありましたが思いのほか数値として軽かったです╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

ということで正統後継機という感覚はほとんどない同じ液晶サイズの新型機としか思えないThinkPad X280のご紹介でした。
前回の届いたとき日記でも書きましたけど、X280の後継機がX390になってしまったような雰囲気がバリバリにある昨今、13じゃなくて12じゃなきゃ嫌勢にとってのThinkPadのもしかすると最終12インチになってしまうとしたら本機は最期に辿り着いた薄くて軽くてスタイリッシュなX2xxシリーズです、よってマストバイでX2xxシリーズラストバイ間違いなしです今じゃなくてもいいですけど٩( ‘ω’ )و

次回はkashiyukoにとってのこのあたりのお話になると思います。

|Д´)ノ ジャ、マタ

Older Posts »

カテゴリー